eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Dota 2公式世界大会『The International 2022』で初の試み、プレーオフとファイナルを異なる会場で実施

Dota 2公式世界大会『The International 2022』の会場に関する発表が行なわれました。

The International 2022

これまで、大会は連続した期間・1会場で実施されてきました。

今回は、初の試みとしてファイナルの前に休憩期間が設けられるほか、プレーオフとファイナルが別会場での実施となります。

イベントとブロードキャストをできるだけ楽しく、そしてアクセスしやすくするための継続的な努力の一環として、今回はスケジュールを若干変更し、休憩を増やし、決勝をさらにパワーアップする予定です。

ちなみに、2021年大会はルーマニア・ブカレスト「Arena Naţională」での無観客開催で、サンプリングした歓声をゲーム展開に合わせて再生する演出など、工夫が凝らされていてたのが印象的でしたが、

今回はシンガポールの会場にて観客動員ありで実施され、生の歓声が湧き上がることになります。

歓声が合成されたシーンの例

スケジュール

ラストチャンス予選

  • 開催日:10月8日(土)~12日(水)
  • 開催エリア:アメリカ、南アメリカ、西ヨーロッパ、東ヨーロッパ、中国、東南アジア

グループステージ

  • 開催日:10月15日(土)~18日(火)

プレーオフ

ファイナル

チケットの販売情報は改めて発表されます。

また、6月には有料サービス「Dota Plus」が準備されているほか、6月8日に「7.31d」アップデートがリリースされます。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!