eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Alliance』がDota 2で南米進出し2チーム体制に、2022年世界大会ベスト16「Hokori」のメンバーと契約

『Alliance』が南米Dota 2部門「Alliance.LATAM」の設立を発表しました。

「Alliance.LATAM」設立

「Alliance.LATAM」は、設立からわずか2年で2022年公式世界大会『The International 2022』でベスト16となった「Hokori」のメンバーと契約して設立されました。

2023年の『Alliance』は、先週発表されたヨーロッパリージョンで戦うメインチームと、南米リージョンの「Alliance.LATAM」という、2チーム体制になります。

Alliance

  • Malaysia Charlie “charlie” Arat (Carry)
  • Sweden Ng “ChYuaN” Kee Chyuan (Mid)
  • Sweden Gustav “s4” Magnusson (Offlane)
  • Singapore Remus “ponlo” Goh (Support)
  • Sweden Simon “Handsken” Haag (Hard Support)

Alliance.LATAM

  • Peru Edward “Lumière” Guillen (Carry)
  • Brazil João “4nalog” Giannini (Mid)
  • Peru Pablo “Vitaly” Angulo (Offlane)
  • Brazil Thiago “Thiolicor” Cordeiro (Support)
  • Peru Anthony “Gardick” López (Hard Support)

同一組織が複数チームで『Dota Pro Circuit』に出場する事はルールで認められているのかが気になり確認したところ、以下のような記載がありました。

Can teams from the same organization play in the same Regional League?
同じリージョンのリーグにおいて、同じ組織から複数チームが参戦することは出来ますか?

Yes – However, as in previous years, only one team from an organization can qualify for The International. If two teams from the same organization qualify for The International, that organization must either remove all of their ties to one of the teams, or only the top team will be eligible.
可能です。しかしながら、これまで同様に「The International」の出場資格を得られるのは1組織1チームのみです。もし、同じ組織から2チームが「The International」の出場資格を得た場合、組織はどちらかのチームとの関係を完全に断ち切るか、またはトップチームのみが出場する事を選ばなければなりません。

今回の場合、この回答とは異なり出場するのは別リージョンです。
最終的に1組織1チームしか「The International」出場権は得られないため、もし2チームが出場権を得た場合はセカンドチームの所有権を売却するような対応を取ると予想されます。

Jonathan “Loda” Berg氏のコメント (Alliance, CEO)

クレイジーな1年でした。山あり谷ありの一方、明らかに前進した年でもあります。
Allianceは、より自由に成長し、愛して信じることに取り組む出来る場所にいます。私たち、そしてAllianceのやり方は、自分たちの生活を変えたのと同じ旅をする選手たちを支援することであると思い出さなければなりませんでした。

最もわかりやすい選択をするのではなく、自分たちが育てることが出来るという選択肢を見つけて支援します。Hokoriの選手やスタッフに出会い、彼らの手助けをしなければならないと思いました。彼らはAllianceのスピリットを体現しています。自身のキャリアをスタートさせる時に一緒に取り組んでいた仲間たちのことを思い出させてくれました。

南米にこの一歩を踏み出し、Dota 2という美しいゲームに倍プッシュすることを、うれしく誇りに思っています。2023年はエキサイティングなシーズンになるでしょう。いまからDota Pro Circuitの開幕を待ちきれません。

Marco “Zero” Pozo氏のコメント(Alliance.LATAM, General manager)

短い期間の中、チームとしていくつかの目標を成し遂げ、世界最高のチームと競い合いました。Allianceが私たちに目を向けてくれたことを誇りに思います。そして、本日そのすばらしい組織の一員となりました。

より良くなるために、毎日努力して最善を尽くしていきます。私たちの目標は変わりませんし、夢は目の前にあります。フォロワーのみなさん、これからもサポートをお願いします。みなさんを失望させません。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!


アフター6ジャンクション出演時アーカイブ