中国のネットカフェ約1600店が閉店

中国において、約1600のインターネットカフェが
2004年2月から8月にかけて閉店させられていた、
という記事がMSNBCのサイトに掲載されていました。

さらに、子供に対して暴力的なゲームをプレーできるようにしたり、
アダルトコンテンツを閲覧できるようにしていた店には、
罰金の支払いを命じられたそうです(全店舗合計約1200ドル)。

以前紹介したとおり、中国ではQuake3やバイオハザードといった
ゲームが発売禁止になるなど、過剰なほどのメディア規制が行われているようです。

情報元 : SK GAMING

コメント

Avatar NO NAME

まだ儒教教育の根深い国だからね
未だに大学でイチャイチャしてると退学させられるそうだ

Avatar NO NAME

>大学でイチャイチャしてると退学

あぁ、だからうちの留学生は学内であんなに
幸せそうな顔してイチャイチャしてたんだなぁw