eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

CS:Sourceマッピングコンテスト

CS:Sourceのマップ作成コンテストが、『HL2mapping.com』というマップ作成コミュニティで行なわれています。

条件など

  • Counter-Strike:Sourceのマップであること
  • プレーテストをし、バグをなくしておくこと
  • 作成期間は2ヶ月間
  • 完成したらrarで圧縮すること
  • メールのタイトルを『My Mapping Contest Map』としてphil@quicklinecomputers.co
    .ukに送信すること

    コンテストのトップ10は、『HL2mapping.com』のスポンサーが立てている
    CS:Sサーバーでまわされることになるそうです。
    もちろん配布も行なわれるだろうと思います。
    ちなみに、これはValveオフィシャルのコンテストではありません。

    海外はマップ作成だけで大きなコミュニティがあっていいですなあ。

    情報元 : CS-Nation

  • Yossy
    Writer
    Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

    https://twitter.com/YossyFPS/
    YouTube

    取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

    Comments (0)
    1. Avatar JamesB says:

      本来ネットには国境はないはずなのですが、
      言語というものが大きな壁になってますね。
      …自分にとってorz

    2. Avatar NO NAME says:

      確実にプレーされるというのは魅力的ではありますが、海外だと正直どうでもよさげな。