CS:S、Souceエンジンアップデート

Counter-Strike: SourceとSource Engineがアップデートしています。

Counter-Strike: Source and Source Engine Updates Available

Counter-Strike: SourceとSource Engineの最新版が利用可能になりました。
最新版はSteamクライアントが再起動されると自動的に適用されます。
変更点は以下のとおり

Counter-Strike: Source

  • SourceTV向けのサポートが可能に
  • 二度続けて弾丸がヒットするのを引き起こすレアなバグを修正
  • マップオーバービューのサポートを改善
  • メッセージオブザデイのファイルはメインゲームディレクトリに必要とされるようになった
  • サーバーと同期するプレーヤーネームの問題を改善
  • Message of the Day向けの”purple checkerboard”問題を修正
  • プレーヤーチャットに関連するローカライズの問題を修正
  • Death noticesはblineの間表示されなくなった
  • プレーヤーが急にチームを変更してもDeath noticesは現在のチームカラーで表示されるようになった
  • BOTは名前を変更するときにbot_prefixにあわせるようになった
  • bot_quotaが0でなければBOTはdedicated serversにジョインするようになった
  • BOTが不正なSteam IDでジョインしようとして失敗するのを繰り返すバグを修正
  • サーバー管理者たちからのリクエストであるmp_logdetailを追加

Source Engine

  • プレーヤーのスプレーはラウンドリスタート時に継続されます。スプレーの残存ラウンド数はr_spray_lifetimeによって決定される
  • 不当なカラーによるプラグインメッセージから最初のメッセージを引き起こすバグを修正一貫性の照合は、デモ再生時には行なわれないようになった
  • sv_visiblemaxplayersを追加
  • サーバー上で断続的にフレームレートが遅くなるのを引き起こすエラーを修正した

情報元 : steampowered.com

コメント