台湾でゲームをめぐり殺人事件発生

台湾のネットカフェで『Blade&Sword』というオンラインゲームにおいて自分のキャラクタを殺されたことに逆恨みし、相手プレーヤーを実際に殺害するという事件が発生したそうです。

19歳のリー・ホンフイ氏はオンラインゲームで対戦プレーヤーのキャラクターを殺した。TVBSによれば、負かされて怒った対戦相手はインターネットカフェを出てすぐに金物店に入り、長いナタ状のナイフを購入。その後インターネットカフェに戻り、リー氏を襲ったという。

またゲーム脳説が唱えられそうですなあ。

情報元 : ITmedia

コメント

Avatar JamesB

実際の殺人の動機になりえるほど、
ゲーム中のふるまいが、重要視されているということですね。
しかし、いかなる殺人事件でも、どんな動機があったとはいえ、
実行に至るとなると相当な理由があったはずなわけで。

迷言『たかがゲームに何必死に(ry』
では済まされないこともある、と。

関連記事:
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0506/23/news010.html
「脳は暴力ゲームを現実として認識――独研究」

Avatar (:D)rz -3

最近多いですね、こういう事件。

明日は我が身…
ゲーム中の行動には気をつけなきゃ(;´_ゝ`)