eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

AMショー「HALF-LIFE 2 SURVIVOR」レポート

AMショー「HALF-LIFE 2 SURVIVOR」レポート

9月1日~3日にかけて幕張メッセで開催されている第43回「アミューズメントマシンショー」のタイトーブースレポートがGame Watchに掲載されています。

「HALF-LIFE 2 SURVIVOR」はFPS(ファースト・パーソン・シューター)の最高峰と称される「Half-Life 2」のアーケード移植作。基板には業務用システム基板「TAITO Type X」をさらにチューンした「TAITO Type X+(プラス)」を使用し、美麗な映像表現によるゲーム進行を可能にしている。
 1人用の「ストーリーモード」のほか、ネットエントリーシステム「NESYS」を使用した通信対戦「バトルモード」、仲間と強力して任務をこなす「ミッションモード」などが用意されているとのアナウンスがあった。

会場でのプレゼンテーションの模様がおさめられた写真が掲載されていました。

お馴染みのHL2の画像を見ることができます。
気になる筐体については写っていませんでしたが、一体どのような筐体になるのか非常に興味があります。

BRZRKさん情報ありがとうございました。

情報元 : GameWatch | アミューズメントマシンショー

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar Phantom says:

    操作系統がどうなってるのかが書いてないな…

  2. Avatar hanatyan says:

    http://www.taito.co.jp/game/lineup/h_ac-0.html
    「ガンシューティング」ってなってるが詳細は不明。

  3. Avatar JamesB says:

    対戦やcoopはPCではすでにおなじみですし、アーケード独自の要素がいかに加えられるのかが気になりますねぇ。
    単にエンジンや世界感を引き継いだだけのフツーのガンシューだったりして。