eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

MSとRazerがゲーム用マウス『Microsoft Habu』を発表

Microsoft Habu
マイクロソフトとRazerがゲーム用マウス『Microsoft Habu』を発表したそうです。

この両社が共同で開発したもので、解像度2,000dpi、7ボタン(ブログラムマクロ割り当て可能)のマウスとなっています。

マウスの基幹部分には、Razerの『Razer Precision』が使用されており、マイクロソフトによる人間工学に基づいたデザインが特徴となっています。
このマウスは10月に発売予定で、予想小売価格は69.95ドルになるとのこと。
マイクロソフトデザインなCopperhead、というのがわかりやすいイメージでしょうか。

Microsoft HabuMicrosoft Habu

HIRAさん情報ありがとうございました。

情報元 : ITMedia | Microsoft Habu(MSサイト) | Microsoft Habu(Razerサイト)

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

コメント (0)
  1. fixy より:

    技術的に遅れをとったMSの戦略でしょうか。。

  2. mokey より:

    *訂正:ITMEDIAのほうにもありますがIE3.0は再販されるようです。

  3. OFF より:

    蛇の名前にこだわりますなぁ

  4. HIRA より:

    Copperheadは手に合わなくて購入を見送っていたので、
    相当期待してます。待ち遠しい!

  5. シュンゴ より:

    ヤベー。形がIE3.0に似てる