WSVG Louisville Quake4部門でav3kが優勝

World Series of Video Games 2007(WSVG)

WSVG Louisville Quake4部門のファイナルでav3kがToxicに勝利して優勝しています。

WSVG Louisville Quake4部門順位

  • 1位 : Poland Maciej “av3k” Krzykowski – $5,250 + $1,000 travel
  • 2位 : Sweden Johan “toxic” Quick – $3,000 + $1,000 travel
  • 3位 : Belarus Alexey “Cypher” Yanusheuski – $2,100 + $1,000 travel
  • 4位 : United States Chance “chance” Lacina – $1,200 + $1,000 travel
  • 5位 : United States Tim “DaHanG” Fogarty – $1,200
  • 6位 : Russia Anton “Cooller” Singov – $750
  • 7位 : Sweden Magnus “fojji” Olsson – $750
  • 8位 : United Kingdom Gareth “GaRpY” Marshall – $750
  • 9-12位 : Netherlands Ivo “forever” Lindhout
  • 9-12位 : United States Rafik “LoSt-CaUzE” Bryant
  • 9-12位 : United States Sabian “Clamp-ok” Hayblum
  • 9-12位 : Canada Thomas “Griffin” Wall
  • 13-16位 : Canada Andrew “gellehsak” Ryder
  • 13-16位 : United States Evan “Nomadic” Bradshaw
  • 13-16位 : United States James “ERMAC” Boyd
  • 13-16位 : China Zhibo “RazerJ” Fan

ファイナル結果

ファイナル

  • Poland av3k [11-18] Sweden Toxic (Monsoon)
  • Poland av3k [25-10] Sweden Toxic (Placebo Effect)
  • Poland av3k [12-16] Sweden Toxic (Phrantic)

プレーオフ

  • Poland av3k [14-17] Sweden Toxic (Monsoon)
  • Poland av3k [44-16] Sweden Toxic (Placebo Effect)
  • Poland av3k [32-15] Sweden Toxic (Phrantic)

勝者側ファイナルの組み合わせも同様の組み合わせで、av3kが2-0で勝利。
敗者側トーナメントを勝ちあがったToxicがファイナルで勝利しプレーオフにもつれ込むこととなりましたが、av3kが1マップビハインドから2連勝して優勝となりました。

優勝したav3kは若干1516歳という非常に若いプレーヤーですが、過去には大きな国際大会で何度も入賞し、Quake Revelation of 2006を受賞するなど天才と呼ばれています。
CPLやWSVGには出場について年齢制限が設けられており、活躍の機会が制限されていましたが、WSVGが年齢制限の撤廃に踏み切ったため、この天才プレーヤーが注目を浴びる機会が作られたことになります。

7月にパリで開催される『Electronic Sports World Cup 2007(ESWC)』での活躍も期待です。

情報元