eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

ノートンがCS:Sourceを誤検知する不具合発生中

Counter-Strike:Source

ウイルス対策ソフトの『ノートン』シリーズの最新アップデートによって、Counter-Strike: Sourceが誤検知されゲームをプレーすることができなくなる不具合が発生しているそうです。

数日内にアップデートで対応

この問題が発生しているとのレポートがSteamフォーラムやValveに寄せられ、Valveは『ノートン』の提供元であるSymantecにコンタクトを取ったとのこと。
これにより、数日以内にノートンをアップデートしてこの問題が解決されることになります。

ちなみに、SteamやCounter-Strike:Sourceがウイルスに感染しているわけではないので、その点については安心です。
この問題が発生している間にCounter-Strike:Sourceをプレーするには、ノートンを無効にする必要があります。
その際には、ウイルスに感染する危険性があるので、他のアンチウイルスソフトを入れるなどして対策をしておいた方が無難でしょう。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

Comments (0)
  1. Avatar ホギ says:

    ノートン先生、CSSがしたいっす!! というプレイヤーの声が聞こえてきそうだ。

  2. Avatar ShinganJ says:

    ノートン先生、さよならっす!!

  3. Avatar fixy says:

    最近CSを起動するたびにノートン先生がウィルス検知だと言い張ってくるわけだけど、これは関係ないのかな?

  4. Avatar Yossy says:

    Counter-Strike1.6も?同様の症状なんでしょうか。
    とりあえず、ウイルスバスターは問題ナシです。
    一応のご報告ということで。

  5. Avatar record says:

    直ったみたいですね。
    1.6だけだとこの症状はないみたいです