eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

MMORPGのトーナメント『Fury Challenge』の賞金が200万ドルに

Fury Challenge

MMORPG『Fury: Unleash the Fury』のオープンベータイベント『Fury Challenge』の賞金が、100万ドル(約1億1500万円)から2倍の200万ドル(約2億3000万円)になったことが発表されました。

このイベントは、9月14日から10月14日までの4週間に渡ってラダーベースのシステムを採用して開催され、個人もしくはチーム単位で競い合うという内容になっています。

このイベントはDell, Nvidia, Logitech, Ideazon, IGN/Fileplanet, GameStop, Gamerailなど有名企業が多数スポンサーとなっいるため、賞金が高額なのも納得です。
納得ですといった割には、2億円を超える賞金というのはすごいですね。
サイトのPrizeのページを見てみましたが、どのような配分になるのかはまだ発表されていませんでした。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar ホギ says:

    オープンベータにしてはとんでもない額を投資していますねぇ。