eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Complexity が Counter-Strike1.6 での活動再開を発表

LA compLexity

Complexity が Counter-Strike1.6 での活動再開を公式サイトにて発表しました。

Complexity のメンバーは、『LA Complexity』として『Championship Gaming Series』で活動を開始して以来、Counter-Strike:Source をメインにプレーしていましたが、これからは Counter-Strike1.6 & Counter-Strike:Source の両イベントに参加していくとのこと。

現在のところ、『WorldCyberGames』 予選や『CEVO』への参加を予定しているそうです。
Complexity のプレーを両方のタイトルで見ることができるようになるのは非常にうれしいですね。

CGSの契約による活動制限などは問題ないのかが気になります。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar 2nd says:

    契約問題と言えば元Dallas Venomに所属していたaZnの前例があるので不安ですね。

    いくつかのコミュニティでは「Sourceで不調だから1.6に戻ってきたんじゃないの?」というコメントもチラホラ見られますが真相はいかに。

    Sourceと1.6を両方やることでパフォーマンスに影響を来たさないと良いのですが…