Negitaku.org esports > > > 『ZOWIE GEAR』が元プロゲーマー HeatoN 氏と開発した光学式センサーマウス『EC』シリーズを発表、8 月中旬より全世界で発売

ニュース

PC・ゲーミングデバイス 『ZOWIE GEAR』が元プロゲーマー HeatoN 氏と開発した光学式センサーマウス『EC』シリーズを発表、8 月中旬より全世界で発売

ZOWIE GEAR 光学式センサーマウス『EC』シリーズZOWIE GEAR』が元プロゲーマー Sweden Emil "HeatoN" Christensen 氏と協力して開発した光学式センサーマウス『EC』シリーズを 8 月中旬より全世界で発売することを発表しました。

ZOWIE GEAR EC シリーズ

『EC』シリーズは、元プロゲーマー Sweden Emil "HeatoN" Christensen 氏と協力して開発された 5 ボタンの右利き用光学式センサーマウスです。

製品の特徴

  • 伝説的なプロフェッショナルゲーマー Sweden Emil "HeatoN" Christensen と共同開発
  • 最も信頼性の高いゲーミンググレードの光学式センサーを採用
  • 人間工学に基づく右手専用の形状
  • 新開発の光学式センサー用レンズを採用し、リフトオフディスタンス 1.5mm を実現
  • 光学式エンコーダーと新開発の回転メカニズムを採用した、高耐久・高精度マウスホイール
  • 動作中にセンサー解像度を切り替え可能(500/1,000/2,000dpi の 3 段階)
  • USB ポーリングレート 1,000Hz 固定
  • ドライバーソフトのインストールは不要

スペック

  • センサーフレームレート: 6,500/ 秒
  • 最大トラッキング速度: 40 インチ / 秒
  • 最大トラッキング加速度: 15G
  • センサー解像度: 500/1,000/2,000 (dots per inch : 移動量 1 インチ当たりのカウント数)
  • ボタン数: 5 (左右メインボタン、左サイドボタン× 2、スクロールホイール兼センターボタン)
  • 接続方式: USB
  • サイズ:
    • EC1: 縦 128mm ×横 62 ~ 70mm ×高さ 43mm
    • EC2: 縦 120mm ×横 58 ~ 65mm ×高さ 40mm
  • ケーブル長: 2m
  • 対応 OS : Windows 2000/XP/Vista/7

共同開発者 Emil "HeatoN" Christensen 氏のコメント
Emil プロゲーマーとして活動してきたこの10 年間、eスポーツ用の理想のマウスを開発したいと常日頃思っていました。eスポーツゲーマーにとって、ゲーミングデバイスとは、いかなる状況にあっても正常動作してゲーマーのプレイを支えてくれる、信頼に値する製品であるべきです。ゲーミングマウスは、ゲーマーの皆さんが最も重視するデバイスでしょう。だからこそ、信頼に値する製品であることが求められるのです。
私たちは、動作の正確さ、安定性、耐久性、そして快適さを重視してマウスを開発しました。製品の出来の良し悪しについて、言い訳するつもりはありません。本当に優れたものであるかどうかは、あなた自身で確かめて下さい。

----

EC シリーズには、標準的な大きさのマウス『EC1』(ブラック、ホワイト)と、一回り小さい『EC2』(ブラック、ホワイト)の 2 種類が用意されています。

発売日は 2010 年 8 月中旬、価格については未定で今後の正式発表となります。

光学式センサーや定番のマウス形状を採用するなど、使いやすさ・安定性を重視した ZOWIE GEAR らしい製品という印象です。
サイズ的に近いのは、『EC1』がマイクロソフトの『IntelliMouse Optical』(縦 126mm ×横 68mm ×高さ 39mm)、『EC2』が『SteelSeries Kinzu』(縦 117mm ×横 64mm ×高さ 36mm)あたりでしょうか。

以下に、製品リリースから製品の各特徴を掲載します。

製品特徴解説

ECシリーズEC シリーズは、12 ヶ月以上の多岐にわたる研究開発と、光学式ならびにレーザー式のマウスセンサー計7 種類の選定評価試験を経て、Counter Strike の伝説的なプレイヤーEmil "HeatoN" Christensen 氏の開発協力によって完成した、ゲーミングマウスの新境地ともいえる製品です。

EC シリーズには、最新のハイスペックなレーザーセンサーは搭載しておりません。なぜなら、レーザーセンサーが、ZOWIE GEAR による幅広いテストを最終的にパスすることができなかったからです。

確かに、レーザーセンサーは画期的な新技術ではありますが、ゲーミングマウス用センサーとしては致命的な問題を抱えています。
といいますのも、多くのゲーマーは布製マウスパッドを使用しますが、マウスを動かすたびに、摩擦による静電気によって繊維構造が少しずつ破壊され、その微粒子がマウスセンサーのレンズに付着します。
この時、レーザーセンサーはレンズに付着した微粒子に対して反応しやすく、トラッキング(マウス移動量の測定)を不正確なものにします。光学式センサーの場合、微粒子が付着してもセンサーのトラッキングが妨げられることはなく、ゲーミングマウスとして適切に機能し続けます。

ECシリーズ-2-レーザーセンサーと光学式センサーの短所を比べると、光学式センサーが依然としてゲーミングマウスに最適な選択であることは明白です。
もちろんZOWIE GEAR は、現在のレーザーセンサー技術の抱える問題点を改善する方法を研究しつづけますが、現時点では、レーザーセンサーを採用することによって、ゲーム中にマウスがピクセルスキップ(カーソル飛び)を起こし、ゲーマーがその対応に苦慮するであろうことを許容することはできませんでした。

ゲーミングマウス最短のリフト・オフ・ディスタンス 1.5mm

EC シリーズの最も大きな特徴の1 つが、リフト・オフ・ディスタンスの低さにあります(注リフト・オフ・ディスタンス: マウスを持ち上げて、マウスセンサーが反応しなくなる高さ)。

ゲーマーは、例えば素早い視線変更を行う際、マウスの移動距離を確保するため、一旦マウスパッドの端までマウスを移動させ、その後マウスパッドの反対側まで一瞬浮かせながら移動させるという、いわゆる切り返しを行いますが、この時、リフト・オフ・ディスタンスが高いマウスの場合、マウスを着地させる瞬間、予測したよりも早いタイミングでマウスカーソルが動いてしまい、エイム(照準操作)に大きな悪影響をもたらします。リフト・オフ・ディスタンスが低ければ低いほど、マウスが着地するタイミングを予測しやすくなり、操作しやすくなります。
EC シリーズ専用マウスセンサーレンズのため、12 ヶ月にも渡って様々な研究開発を行い、ゲーミングマウス市場において最も低い、1.5mm というリフト・オフ・ディスタンスを実現しました。

ゲーミングマウス最短のリフト・オフ・ディスタンス 1.5mm センサーパーツ

USB ポーリングレート 1,000Hz

金メッキのUSB接続端子ゲーミングマウスの多くは、標準では 125Hz のポーリングレート(マウスから PC への 1 秒あたりデータ送信回数)で動作し、ドライバーソフトをインストールして初めて 500 ~ 1,000Hz で動作します。
EC シリーズは 1,000Hz 固定で動作し、ドライバーソフトのインストールは一切不要です。本製品を PC の USB ポートに繋げば、ゲーマーはどこにいても、わざわざドライバーソフトをダウンロードしてインストールしなくても、あるいは(ネットカフェや LAN イベント会場など)ドライバーソフトのインストールを制限されている共用コンピュータであっても、いつもと変わらないマウス操作環境で本来の実力を発揮できるでしょう。

改良されたマウスホイール

マウスホイールには、低コストな機械式エンコーダーではなく、光学式エンコーダーを採用。
更に、ZOWIE GEAR 独自のホイール回転メカニズムを採用することで、耐久性と作動精度の向上を実現しました。

改良されたマウスホイール

解像度切り替えスイッチ

解像度切り替えスイッチマウス解像度(DPI)の切り替えは今や珍しい機能ではありませんが、ゲーマーが自分に合った操作フィーリングを得られるよう、EC シリーズにもDPI 切り替え機能を実装しました。
マウスを USB ポートに繋いだまま、動作中にスイッチ1 つで切り替え可能です。
ゲーム中の誤操作を防ぐため、DPI 切り替えスイッチはマウスの裏面に設けています。

全 4 モデルの製品展開

EC シリーズはサイズ、色・表面加工によって 4 種類用意されますが、それ以外のスペックは共通です。

  • EC1 ブラック、EC2 ブラック: つかんだ時にしっかりグリップできるラバーコーティング仕様
  • EC1 ホワイト、EC2 ホワイト: 掌に汗をかいたときに滑りにくいクリアコーティング仕様

EC2 ブラック、EC1 ブラック EC2 ホワイト、EC1 ホワイト

左から EC2 ブラック、EC1 ブラック、EC2 ホワイト、EC1 ホワイト

ZOWIE GEAR について

ZOWIE GEARZOWIE GEAR は、作りうる最高のeスポーツ用ゲーミングデバイスを開発することを使命として、2008年下半期に設立された、革新的なゲーミングデバイスメーカーです。
経験豊かで創造性に富むスタッフたちが、境界にとらわれることなく、妥協を許さず、ただゲームに対する純粋な情熱を共通基盤として連帯し、自由な発想に基づいて活動する、それがZOWIE GEAR です。
ZOWIE GEAR は、eスポーツ用ゲーミングデバイスメーカーとしてトップシェアを目指すのではなく、最も優れたゲーミングデバイスを開発することを目指しています。ゲーマーの実力を1 パーセントでも多く引き出す製品を開発する余地があるなら、それを実行するというのが我々の考え方です。

「完璧を目指して努力する」それがZOWIE GEAR の企業理念です。

Be serious. It's not just a game.

情報元

関連ニュース

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

スポンサードリンク

コメント (30)

これは買うしかない。発売が待ち遠しいです!

DAにクリソツですね。
側面のツルツルまで真似してないと良いんですが・・・

白と黒って表面の加工が違うんですね。
しかしRazerな香り。

白欲しい!

DAに似ていますね。
やはりIE3.0に近い形が最高のマウスなんでしょうか。

ブラックの側面はDAと同じでツルツルしそうですねw

これは使ってみたいですね

やばい、買いそう

DAの悪いところ(主に側面)を払拭したマウスであったら・・・と考えただけでわくわくします。
コーティングが2種類あるところがニクいですね。
どちらもほしくなっちゃいます。

DA+Xaiみたいな感じでしょうか?
一度使ってみたいです

1000Hz固定というのが多少気になりますが、
光学式、dpi変更可、サイズはIMOに近くドライバ完全不要と
正に求めていた様なマウスですね

使える日が待ち遠しいです:D

購入決定ですね これは

リフトオフディスタンス1.5mmってことはカグスベール貼るのは厳しいかもしれん

予想通りマウスか。
金に余裕が無いわけじゃないし、とりあえずEC1のブラックを買おうかな。

Ec1に期待

すごい!
でも~お高いんでしょう??

1000Hz固定という事は、無料系のFPS(サドンアタック等)では、波打って使えませんよね。

わくわく。。。

ここ3年ずっとDAでしたが、久々に新しく買ってみようと思います!
できれば他のマウスとの互換性も考えてdpiが400,800,1600とかの方が嬉しいですねヽ(´ー`)ノ

DA + xaiなイメージ?
かっこいい。

雰囲気はKinzuに近い気もしますが、形状はDAっぽそう。
DHARMAの26にも似てるかな・・・
上記のマウスはサイドボタン以外はシンメトリタイプですが、このマウスはアシメですね。

どうせならレートも変更もつけてくれよ
新車はもう買わないと決めた

最近マウスホイールの誤認識が多くて困っていたから… もうかえ時?

IMOから乗り換えるときが来たのか!

ついにメインのマウスを変える時が来たようです

値段が気になります >3

方向性は凄い判るんだけど、何か嫌な予感ががが

欲しい!
値段次第ですね。。。

ちょっと欲しいかも

DA→XaiときてるんだがXaiに飽きてきてDA3.5でも買おうかと思っていたとこ。
近くに触れるところがあれば購入も検討したいんだけど大須っていろいろあるようで実はないorz

これはいい

コメントを投稿

コメントを書くにはログインする必要があります。

記事関連情報

RSSを登録
最近書かれたニュース
前後の記事 最新記事
注目ニュースランキング

アクセスの多いニュースをランキング形式で表示。24時間で自動更新されます。

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp