Negitaku.org esports > > > 『カウンターストライクオンライン2』7/12(水)よりオープンβテスト開始、eスポーツ展開・コミュニティ全体の活性化にも注力

ニュース

Counter-Strike Online 『カウンターストライクオンライン2』7/12(水)よりオープンβテスト開始、eスポーツ展開・コミュニティ全体の活性化にも注力

DSC_0667

株式会社ネクソンが、2017年6月16日(金)に基本無料の新作オンラインFPS『カウンターストライクオンライン2』のサービス発表会を実施しました。

『カウンターストライクオンライン2』サービス発表会

発表会では、ネクソンコリアの『CSO2』開発ディレクターを務めるイェ・ジョンギュ氏が登壇し、韓国、中国、台湾に続いて日本でサービス開始となる『CSO2』の概要について説明が行なわれました。

DSC_0696

イェ・ジョンギュ氏は、『CSO2』をCounter-Strikeシリーズの伝統を継承しながら『CSO2』だけが持つ新しさを融合させたゲームとして開発しており、最もこだわっているのはグラフィックと説明。

DSC_0707

Valve社の「Source Engine」をチューニングすることで、より美しいグラフィックを実現している他、最新トレンドに合わせたデザインを採用しています。

DSC_0731
「Source Engine」をチューニング

DSC_0733
より美しくなった定番マップ「Dust」

DSC_0738
ビジュアルを強化した多彩なマップが登場。『サドンアタック』シリーズの人気マップ「第3補給倉庫」も含まれていました。

DSC_0718
実際の特殊部隊が使用している装備を参考にしている

わかりやすく使い安い日本語インターフェースを搭載

発表会には、Counter-Strikeシリーズのレジェンドプレーヤー Noppo氏がゲストとして登場し、『CSO2』のインターフェースについて説明しました。

DSC_0746
Noppo氏

『CSO2』には数百種類に及ぶ武器が登場しますが、武器カテゴリでの絞り込み、オーバーレイでの性能表示に対応するなど直感的に操作できるようインターフェースに工夫が凝らされていました。

DSC_0764
武器スキンには入手難度に合わせた「レアリティ」が適用されている

DSC_0769
キャラクターは複数から好みに合わせたものを選択可能。日本語の音声付き。

DSC_0790
対戦ルームの作成も非常に簡単ながら、細かな設定が可能。試合を公開して誰でもそのゲームを観戦することができるオプションも用意されています。

DSC_0890
公式大会で使用されるような観戦インターフェースで試合を見ることができる

豪華声優採用など、日本向けコンテンツも展開、7/12(水)よりオープンβテスト開始

『CSO2』で使用可能な各キャラクターには、豪華声優による日本語ボイスが割り当てられています。日本独自のキャラクター、武器、マップも提供に向けて準備が進められています。

DSC_0807

DSC_0805

オフライン・オンライン大会を定期開催、eスポーツ展開に注力

『CSO2』では、『CSO』の「オリジナルモード」に相当する競技モード「クラシックミッション」の活性化を目指した展開が行なわれていきます。

DSC_0809

オンラインでは、プレー成績によって階級が決定されるランキングシステムを導入。試合の勝敗や獲得キル数、死亡数などによってポイントが付与され、これをもとに階級が決定されていきます。

DSC_0810
ランキングの先行シーズンが7/12からスタート

また、「eスポーツ」という言い方はされませんでしたが、ネットカフェ大会やオフライン大会を精力的に開催していく予定です。

DSC_0814

大会用のモード等で表示されるかはわかりませんが、体験プレーの際に連続キルを獲得した場合にその数によって「GODLIKE」「Rampage」といったエフェクトが表示されるのを確認出来ました。

公式大会の展開予定、『CS:GO』との違いは?

『CSO』で実施されている公式大会『Counter-Strike Online Japan Championship(CSOJC)』や、世界大会『Counter-Strike Online World Championship(CSOWC)』のような展開の実施について質問してみたところ、将来的には各国と連携して取り組みをしていけるようにしたいとの回答でした。

また、『CSO2』とは別にグローバル展開されている『CS:GO』との違いについても聞いてみたところ、『CS:GO』はシリーズをコアに楽しむユーザー中心のタイトルという認識で、『CSO2』は「ゾンビモード」や「かくれんぼ」などライトなゲーマーでも楽しめる要素を多く備えたゲームという位置づけとして展開していくそう。

無料の『CSO2』を入り口として多くの人に「Counter-Strike」シリーズに触れてもらい、eスポーツとしてグローバルに楽しみたい人は『CS:GO』という選択肢もあるというような形になっていくということかと思います。『CS:GO』も含めて「Counter-Strike」シリーズコミュニティ全体を大きくしていきたいという言葉もありました。

7/12(水)よりオープンβテスト開始、7/1(土)・2(日)に東京・大阪で先行体験会実施

『CSO2』はまず先行体験会を7/1(土)に大阪(40名)、7/2(日)に東京(80名)で開催。

レジェンドNoppo氏、実況者OooDa氏に加えて、大阪にはプロゲームチーム Japan DeToNatorのNorisen選手、Npoint選手、東京にはDetonatioN GamingのSTABA選手、ZodiaX選手がゲストとして登場します。

参加登録は、下記の公式サイトで6/22(木)まで行なうことが出来ます。

また、オープンベータテストは7/12(水)からが予定されており、こちらの詳細については改めて発表となる予定です。

DSC_0831
早瀬あやさん、キム・ヨンソク氏、イェ・ジュンギュ氏、李知炯氏、Noppo氏、藤木由貴さん


発表会で公開されたプロモーションムービー

同日に開催された、Launchパーティの様子は下記よりご覧ください。

情報元

関連ニュース

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

スポンサードリンク

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。

記事関連情報

RSSを登録
最近書かれたニュース
前後の記事 最新記事
注目ニュースランキング

アクセスの多いニュースをランキング形式で表示。24時間で自動更新されます。

スポンサードリンク

ZOWIE GEAR

SteelSeries

Razer

ROCCAT

ARTISAN

MIONIX

EIZO

EDGE

ビットフェローズ

Gunnar

注目ニュースランキング

最新ゲーミングデバイス from wasd.jp