2017年最後のDota 2プロサーキット『DOTA Summit 8』でVirtus.proが優勝

mdl

Dota 2プロサーキット対象大会『DOTA Summit 8』で Russia Virtus.pro が優勝となりました。

Perfect World Masters

『DOTA Summit 8』は『Dota 2プロサーキット』の「マイナー」ランク大会として、アメリカのBeyond the Summitスタジオにて12月13日~17日に開催されました。。

プロサーキットには「メジャー」「マイナー」の2タイプが存在し、順位に応じて高額な賞金と公式世界大会『The International 2018』の招待出場チームを決定する際の指標となるポイントが割り当てられています。

本大会に出場したのは招待2チームと予選を勝ち抜き出場権を獲得した7チーム。

大会ではグループステージとして3チーム×3グループによる総当たり戦を実施し、各グループの1位がプレーオフ進出。残り1チームは1位を除くグループステージ上位4チームでワイルドカードトーナメントで決定されました。

決勝では Russia Virtus.pro と Malaysia Fnatic の組み合わせとなり、Russia Virtus.proが3-1で勝利。

Virtus.proはGame 1とGame 4でRamzes666のBloodmotherがすさまじい活躍。また、LilのEarth Spiritが多数のアシストで存在感を放っていました。

順位

ファイナル

プロシーンのワーストGPM記録が登場

ちなみに、本大会の Europe OG vs Peru Sacred戦は、DeMoN選手のOgre Magiがプロシーン史上ワーストとなる133GPMを記録したとのこと。これはゲームにおける1分間の獲得平均ゴールドが133しかないことを意味しますが、お金が入りにくいSupportのロールでも大体200は越えるのが一般的です。

いったいなぜそんなことになったのかリプレイで確認したところ、DeMoN選手はワードを買って設置する→破壊されるの繰り返しでOGに視界を制限され、その不利な状況で何度もキルされ続けてお金が入らない状況に。状況を打破すべくワードを買うも、またすぐに破壊されるという負のループに入りゲームはわずか22分で終了。最終的に持っていたのはIron Branch1つで、ブーツすら購入することが出来ませんでした。

ogre

Dota 2 Pro Circuit チームランキング

Dota 2プロサーキット』のポイントは獲得したチームの1人ずつに付与されます。
チームポイントは、5人中の上位3選手の合計として算出される方式です。

本大会で2017年中のプロサーキット大会はラスト。
優勝のVirtus.proはポイントを加算しましたが、順位の変動はありませんでした。

2018年は、1月4日の『Captains Draft 4.0』からプロサーキットの続きがスタートとなります。

情報元

DOTA2

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

関連ニュース

コメントを投稿

コメントはまだ書かれていません。一番最初のコメントを書いてみませんか?

コメントを書くにはログインする必要があります。