『第2回アジア室内競技大会』eスポーツ部門で中国が金メダル独占

第2回アジア室内競技大会(2nd Asian Indoor Games)

2007年10月26日からマオカにて開催されている『第2回アジア室内競技大会(2nd Asian Indoor Games)』で、10月30日にElectronic Sports(eスポーツ)の競技が行われました。

中国が3タイトルで金メダル獲得

『第2回アジア室内競技大会』に採用されたのは、スポーツを題材とした『NBA Live 2007』『FIFA 2007』の2タイトル、そしてレースゲームの『Need for Speed Most Wanted』という3つのタイトル。

メジャーなEスポーツ大会で定番として採用されているFPSやRTSといったジャンルのタイトルはなく、上記タイトルのみの採用となりました。

各タイトルの結果は、以下の通りです(成績ページ)。

NBA Live 2007 FIFA 2007 Need for Speed Most Wanted

ざっと選手名で検索してみたところ、FIFA2007金メダリストのYANG SHUCHAO選手は、WCG2006の中国代表選手でした。

ファミ通.comには、今大会の取材レポート記事が掲載されています(BRZRKさんありがとうございます)。
Eスポーツについての入門的な解説から、競技場の様子や大会運営の流れまで詳しく書かれているためになるレポートです。

日本では『日本eスポーツ協会設立準備委員会』が発足され、2009年の正式な協会化、そして同年にベトナムにて開催される『第4回アジア室内競技大会』への選手派遣を目指しています。

先に書いたとおり、第2回大会は11月3日までの開催となります。
日本はElectronic Sports部門には出場していませんが、現在のところ合計17個のメダルを獲得しており、5位につけています。

情報元

シェアする

Twitter Facebook Pocket RSS

著者紹介

Yossy

Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

http://twitter.com/YossyFPS
http://www.negitaku.net/
http://steamcommunity.com/id/Yossy

コメント (2)

参加したのは8カ国と思ったより少なかったようで。
韓国が絡んできていないのもなんだか妙だ。

日本はダンスが強いんですねー
早くEスポにも出場して

コメントを投稿

コメントを書くにはログインする必要があります。