eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Scout Update でコミュニティマップ『Arena_Watchtower』と『CP_Junction』採用

Team Fortress 2The Scout Update 特設サイトにてコミュニティマップ『Arena_Watchtower』と『CP_Junction』が採用となったことが発表されました

Arena_Watchtower

Arena_Watchtower-1-Arena_Watchtower-2-
Arena_Watchtower-3-Arena_Watchtower-4-

Joshua “JoshuaC” Shiflet 氏による中央の建物と、そこに続く長い直線が特徴となった Arena マップです。
Scoutがパワーアップする今回のアップデートには理想的な構造とのことでした。

CP_Junction

CP_Junction-1-CP_Junction-2-
CP_Junction-3-CP_Junction-4-

こちらは、日本のサーバーで採用されていることが多いのでプレーしたことがある人も多いでしょう。
CP_Junction は、Sean “Heyo” Cutino 氏による Gravel Pit のような 3 つのコントロールポイントで構成されるマップです。
セントリー等でガチガチに守られた C ポイントを攻略するのが個人的には面白いマップです。

それぞれのリンクからは、現在公開されているバージョンのマップをダウンロードすることが出来ます。
どのようなカンジか試してみたい人は、マップをダウンロードしてみて下さい。

個人的には、「ユー、Aqua 追加しちゃいなよ」というカンジでしたが採用されなくて残念。

Scout Update は 2 月 24 日(米国時間)にリリース予定です。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!