ゲーミングマウスパッド『ZOWIE SWIFT』レビュー

ZOWIE SWIFT
ZOWIE GEAR』がプロゲーマーの Abdisamad “SpawN” Mohamed 選手と共同開発した新型プラスチック系ゲーミングマウスパッド『ZOWIE SWIFT』のレビューです。

以前に書いた『ZOWIE SWIFT』プロトタイプ版のインプレッション記事に加筆した形で進めていきます。

ZOWIE SWIFT

『ZOWIE SWIFT』は、SpawN 選手の開発協力を得て開発されており、特殊な配合のプラスチックを採用することで高速な滑りと高い耐久性を実現しています。

  • 縦 290mm × 横 340mm × 厚さ 2mm
  • 表面: 特別配合のプラスチック
  • 裏面: ラバー

試用期間

  • 2 月 16 日~現在

使用マウス

  • SteelSeries Xai
    • SteelSeries ExactSense: 840CPI
    • SteelSeries FreeMove: 0
    • SteelSeries ExactRate: 500Hz
    • SteelSeries ExactAim: 0
    • SteelSeries ExactAccel: 0
    • ゲーム sensitivity: 1 (Team Fortress 2, Counter-Strike1.6, Quake Live)

通常マウスだと Sensitvivity 2.2 前後くらいです。

パッケージ

サンプル版にはパッケージがありませんでした。
製品版のパッケージは以下のようになっています。

パッケージ表 パッケージ裏面 パッケージ裏面 日本語解説

パッケージは厚手のボール紙製

日本代理店による日本語解説も含まれています。

プロトタイプ版との相違点

正式版とプロトタイプ版の違いは、サーフェースのロゴになります。
プロトタイプ版は中央に ZOWIE GEAR のロゴがありましたが、正式版では中央に SpawN シリーズのロゴ、右肩に ZOWIE GEAR のロゴが入っています。

ZOWIE GEARロゴ SpawNロゴ

左:プロトタイプ、右:製品版

正式版ではすでに変更されているので全く関係ありませんが、プロトタイプ版で丸みが無くエッジの立ったマウスソールと共に使用すると、中央の ZOWIE GEAR ロゴが削られマウスソールに削れたロゴの粉が付着するという致命的な欠陥がありました。

しかし、ZOWIE GEAR はこの欠点をレーザープリントに変更することで解決しています。
ロゴにソールが引っかかることが無くなり、正式版において問題は全く発生しなくなりました。

表面

表面は、非常に細かな起伏のあるタイプ指先や爪で触れると引っかかりがあるのを感じます。
このため、マウスを動かす際にはソールとサーフェースがこすれる音が結構します。

ZOWIE SWIFT 表面 -1-
『ZOWIE SWIFT』は独自配合のプラスチックを採用することで劇的に耐久性を高めているのが売りとなっています。

CEO の Vincent 氏に耐久性について質問をしたところ、一般的なゲーマーであれば 3 ヶ月は変わらず性能を維持できるとの回答を得ることができました。
この際には、品質の悪いソールを使用していると消耗が激しくなるため、良品質のソールを使用して欲しいとのことです。

パッドの厚さは 2mm ですが、使用時に沈み込んだりすることはなく、一貫して均一な状態のまま使用することが出来ました。

裏面

裏面素材はゲル状のラバー製で、ZOWIE GEAR のブランドロゴの形になっています。

ZOWIE SWIFT 裏面 -1- ZOWIE SWIFT 裏面 -2-

ユニークな裏面の滑り止め。見かけによらず非常に滑りにくい

ベタつきはなく、埃やゴミがついても手で払うだけで簡単に取り除くことが出来る他、水洗いすることでよりグリップを取り戻すことが出来ます。
実際試してみたところ、水で流すだけで汚れが簡単に落ちました。
べたつくような汚れでなければ、手で払うだけで十分キレイになります。

グリップ力はかなりのもので、コルクシートでもピッタリと固定され、180 度振り向きの動作や手で横にずらすテストなどをしてみましたが、ズレてしまうようなことはありませんでした。
木製デスク、人工大理石、『ARTISAN Hyper Gaming Sheet』等でも試しましたが特に問題はありません。
裏面のグリップ力はかなり信頼できるものだと思います。

別製品との比較、滑り

所有しているプラスチック系マウスパッド『SteelSeries S&S(旧版)』『QPAD|HeatoN』と比較を行なってみました。

3製品のサイズ比較 3製品の表面素材

左: サイズ比較、右: 表面比較

表面は細かい順に QPAD|HeatoN、SteelSeries S&S、ZOWIE SWIFT となっているように見えます。
大きさの比較では QPAD|HeatoN が最も大きく、続いて ZOWIE SWIFT、SteelSeries S&S となりました。
標準的なゲーミングマウスパッドのサイズ以上なので、大きさ的には十分と言えるでしょう。

滑り

ZOWIE SWIFT with SteelSeries Xai
高速な滑りを求めるゲーマー向けというコンセプト通り、始動や滑走が非常に良いです。
滑りについては、表面のきめ細やかさどおり細かいほど滑りが良く感じました。
しかし、ZOWIE SWIFT は上記の通り一番粗い形状となっていますが、不思議なことにそれにひけを取らない滑りを実現しています。これは素材のプラスチックによる効果ではないでしょうか。

ZOWIE SWIFT の滑りの感覚は他の 2 製品よりも滑らかさを感じました。
この辺りはなんとも言葉にしにくいので、うまく伝えられないのがもどかしいです。

総評

『ZOWIE SWIFT』は個人的にこれまで使ったプラスチックパッドの中で最も素晴らしい製品であると言えます。
マウスパッドの性能的には、プラスチックパッド派であればおそらく多くの人が満足できそうです。
滑り・グリップは申し分ありませんし耐久性についても良さそうです。

個人的評価については迷いましたが、高速な滑りを持つプラスチック系マウスパッドを求めている方には間違いなくオススメできるということで 10 点をつけました。
プロトタイプ版をレビューした際に 4,500 円程度であれば買いであると評価しましたが、実際はそれを 500 円下回る結果となっており、減点する部分はもはやありません。

現状の個人的評価

  • ZOWIE SWIFT – 10/10

『ZOWIE SWIFT』は本日より日本で発売となります。

SWIFT BLACK
SWIFT BLACK

posted with amazlet at 10.03.18
ZOWIE GEAR
売り上げランキング: 3623

参考

コメント

nomio

なかなか良さそうなので布から乗り換えてみようかなー