eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Counter-Strike: Source Beta』アップデート、参加枠が拡大

Counter-Strike: Source Beta

Counter-Strike: Source Beta』のアップデートがリリースされています。

Engine

  • より詳細なクラッシュレポートが可能となるよう、クラッシュレポートシステムを改良した
  • temp entities 処理中のバッファーオーバーフローによってクライアントがクラッシュがするのを修正した

Counter-Strike: Source Beta

  • Create Server ダイアログを使用してゲームに bot を追加することが出来ないのを修正した
  • いくつかの移動 ConVars が、正しい Counter-Strike: Source 設定のデフォルト値やフラグと適合しないのを修正した
  • オブジェクトやプレーヤーに関連する rubberbanding/stuttering 問題を修正した
  • sv_accelerate, maxspeed などいくつかの Conver が隠されていたのを修正した
  • bloom 問題を修正した
  • クライアントのおかしな autobuy string によってサーバークラッシュが発生するのを修正した
  • デベロッパーコンソールがデフォルトで出力されていたのを修正した
  • メインメニューの”Report Bug”が動作していないのを修正した
  • 不足していたデスクトップショートカット用のアイコンを修正した
  • “rebuy”コマンドで正しいアイテムを買い直せないのを修正した
  • spectator HUD の時計画像が切り取られるのを修正した

Counter-Strike: Source Beta』は、『Counter-Strike:Source』に実績システムや Team Fortress 2 などに採用されているリベンジシステムやデスカメラなどの機能を追加したもので、人数限定での公開となっています。

Steam のニュースには特に記載されていませんでしたが、これを書いている時点でゲームをインストールすることが出来るようになっていることから、参加枠が拡大されたと思われます。
プレーしたい方は早めにアクセスしてインストールしておくのが良いでしょう。

追記: 16:26
現在は参加枠が無くなっています。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar dande says:

    試しにde_dust2で15RほどBOT打ちしたら
    15個くらい実績解除されました(;'A`)

  2. Avatar OchaMaN says:

    間に合わなかった…。死にたい

  3. Avatar Masarity says:

    お昼にこの記事見てワクワクしながら家に帰ってきたら終わってた・・・・。

  4. Avatar T.Float 570- says:

    trainがすごくプレーしづらいです