eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Team Fortress 2』アップデート(2010-05-20)、Pyro の仕様が変更

Team Fortress 2

Team Fortress 2』がアップデートし、Pyro の仕様が変更されました。

Engine

  • より詳細なクラッシュレポートが可能となるよう、クラッシュレポートシステムを改良した
  • temp entities 処理中のバッファーオーバーフローによってクライアントがクラッシュがするのを修正した

Team Fortress 2

  • Spy が taunt と cloak を同時に開始することが出来る場合があるのを修正した
  • Flamethrower changes
    • ベースダメージを 10 % 増加させた
    • 燃焼継続時間を 6 秒から 10 秒に増加させた
    • 燃えているプレーヤーに中~長距離から Flaregun をヒットさせるとクリティカルヒットになるようになった
    • Backburner のダメージボーナスを 20% から 15 % に減少させた

Flamethrower は以前のアップデートで 20% のダメージ減少となっていましたが、今回 10 %増加されています。
今回のアップデートでほぼ以前までの仕様に戻ったことになります。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar DeathFlag99.7% says:

    パイロさん良かったね!!

  2. Avatar Sizuken says:

    『As always, play with it for a bit, and then let us know what you think.』
    新しい仕様でプレイして感想聞かせてねー とのことですが
    Valveさんこれは新しい仕様ではなく古い仕様です

  3. Avatar karabengles says:

    次のアップデート:
    Flamethrowerのベースダメージを15%減少させた
    燃焼継続時間を10秒から6秒に減少させた
    燃えているプレイヤーに対してのFlaregunは全てフルクリティカルになるようにした
    Backburnerのダメージボーナスを15%から25%に増加させた

  4. Avatar Momizi says:

    Backburner の威力を下げる意味が分からない

  5. Avatar babi-ru says:

    パイロ迷走させすぎじゃないか