Megm1g 氏によるゲーミングマウス『ダーマタクティカルマウス(DRTCM15)』レビュー

DHARMA TACTICAL MOUSE (DRTCM15)
DHARMAPOINT』の最新ゲーミングマウス『ダーマタクティカルマウスDRTCM15)』のレビュー&プレゼント企画に当選された Japan Megm1g 氏のレビューが公開されました。

Megm1g さんは FPS 歴 2年半、現在は Quake Live をメインにプレーされているとのこと。
以前は Microsoft IntelliMouse Explorer 3.0を使われていたそうで、こちらとの比較レビューとなっています。

現在は、キーボードを膝の上に置きデスク上ではマウスを広いスペースで使う、通称ロシアンスタイル(参考画像)で使用されているそうで、なかなかレアなプレースタイルでのレビューではないでしょうか。
レビューは以下よりご覧ください。

Megm1g さんレビューありがとうございました。。
その他のレビュアーの方の記事は以下からご覧下さい。

DRTCM12

DRTCM15

ダーマタクティカルマウス(DRTCM15、DRTCM12)製品紹介

『ダーマタクティカルマウス(DRTCM15、DRTCM12)』は、2010年における『DHARMAPOINT』のフラグシップモデルとなる最新のゲーミングマウスです。

特徴

  • フロントマウントセンサー (DRTCM15)
  • 最大 5040cpi、最大 150ips パワフルレーザーセンサー (DRTCM15)
  • 伝統の光学式モデル (DRTCM12)
  • 極限まで切り詰められたボディ形状
  • ミニではない ・・ 極限まで削減されたフットプリント
  • ハードゲーマーの要望に応えたチルト抑制機構
  • フルスピード USB 16bit ウルトラデータパス 125 ~ 1000Hz 可変レポートレート
  • マウス本体にフラッシュメモリ内蔵、最大 5 つのプロファイルを保存し割り当て可能範囲は最大 11 カ所に増大
  • より洗練されたコントロールシステム ダーマコントロール 2
  • マウスコントロールパネル
  • 4 段階 CPI チェンジ
  • ファームウェアアップデート機能
  • ニューファブリックケーブル
  • OMRON 社製スイッチを採用

スペック

  DRTCM12 DRTCM15
外観 DRTCM12 DRTCM15
トラッキング解像度 400-800-1200-1600cpi
ユーザー任意設定
3200cpiエミュレーション動作
X/Y軸独立設定可能
90~1620~5040cpi
90単位でユーザー任意設定
X/Y軸可変可能)
最大加速 15g 30g
最大スピード 40ips(表面によって異なる) 150ips(表面によって異なる)
フレームレート 6,400fps 11,750fps
USBデータバンド 16bits/axis
USBレポートレート 125~1000Hz(ユーザー任意設定)
スリープモード なし – DCモード動作による常時稼動
リフトオフディスタンス
調整機能
あり
ファームウェア
アップデート機能
あり
ボタン数: 10
ケーブル長約 1.8m
サイズ 横64mm×縦121mm×高さ42mm
重量 約110g(ケーブル含む)
マウスフィート PTFE(ポリテトラフルオロエチレン)

参考