eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Electronic Sports League(ESL)』がアンチチートツール『ESL Wire Anti-Cheat』を開発中

ESL Wire Anti-Cheat
Electronic Sports League(ESL)』がアンチチートツール『ESL Wire Anti-Cheat』を開発中であるとの情報が掲載されていました。

ESL Wire Anti-Cheat

『ESL Wire Anti-Cheat』は、500,000ユーロ(約5,600万円, 1ユーロ=112.89円)もの開発費を使って開発されているというアンチチートツールです。
現在、ツールはクローズドベータテストで報告された主要な不具合を修正し、ファイナルバージョンに搭載される全ての機能が実装されている状態とのこと。
近日中に、オープンベータとしてRC版(リリース候補版)を公開し、こちらで発生した問題を修正して正式リリースになる予定となっています。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar HigoNiisan says:

    ホエー

  2. Avatar TYR says:

    これはcastodiaみたいなツール?
    使用は無料?有料?

  3. Avatar xip says:

    >『ESL Wire Anti-Cheat』は、500,000ユーロ(約5,600万円, 1ユーロ=112.89円)もの開発費を使って開発されているというアンチチートツールです。

    スゲー

  4. Avatar uNleashed says:

    その前に賞金を払ってほしいもんです。