eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『PureTrak』が開発中の右利き用光学式ゲーミングマウス『Valor』の情報を公開

Valor
アメリカのゲーミングデバイスメーカー『PureTrak』が開発中のゲーミングマウス『Valor』の情報を公開しています。

Valor

『Valor』は 3,500dpi の光学式センサーを搭載したエルゴノミックデザインの右利き用マウスです。
今月の 1 日に公式サイトに掲載された情報によると、製品は 18 ヶ月をかけて開発が進められているそうです。
マウスの形状については今のところ未公開となっているものの、特徴や各種スペックは明らかにされています。

特徴

  • 3,500dpi のオプティカルゲーミングセンサーがほぼ全てのマウスパッド上で非常に正確なトラッキングを実現。
  • オプティカルセンサー『AVAGO ADNS-3090』採用。リフトオフディタンスを短くするために PureTrak がレンズをカスタマイズ。
  • プロやカジュアルゲーマーと共に開発。耐汗デザインとラバーサイドグリップによってまるで手が植わるかのように安定。
  • ドライバを必要とすることなく、DPI 選択ボタンから 800, 1600, 2400, 3500dpi の 4 段階をすぐに変更可能
  • ドライバのインストールを必要とすることなく高速な 1ms の反応時間を内蔵
  • 7 個の重り(1 個 10 グラム)でマウスの重量を調整可能
  • ホイールは数年後もパフォーマンスや感覚を失うことなくスムーズなスクロールを提供
  • 頑丈で機能的な 2.1 メートルの三つ編みケーブル

スペック

  • 解像度: 800/1600/2400/3500dpi
  • フレームレート: 6400fps
  • リフトオフディタンス: 1.8 ~ 2.3mm
  • 最大速度: 60ips
  • Maximum Acceleration: 20G
  • 加速度: 20g
  • ポーリングレート: 1,000Hz (1ms)
  • ボタン: 5 個(オムロン D2FC-F-7N スイッチ採用)
  • サイズ: 縦 117mm ×横 75mm ×高さ 45m
  • ケーブル長: 2.1 メートル
  • 対応 OS: Win2000/XP/VISTA/7/Mac OS X v10.2 以上

マウスを持った際のフィーリングは、パームグリップだと MX518 や IE 3.0、クロウグリップでは WMO/IMO1.1/SteelSeries Xai ライクになるとのこと。
直線補正についてはデフォルトでオフとなっていますが、ファームウェアの導入によりオンにすることも可能となります。

発売日については今年の 4 月 1 日以降を目標としており、製品価格は 50 ~ 60 ドルになる見込みとのことです。

説明を読んでみるとIE3.0 ライクな製品が予想されますね。
製品のシルエット画像が公開されていますが、スペックが示す通り厚みのある印象を受けます。
解説に出てきた他社製品にプラスしたものを並べてみました。

製品名 高さ
IntelliMouse Explorer 3.0 131 70 41
Logitech MX518 130.3 72.2 43.6
Razer DeathAdder 128 70 42.5
ZOWIE EC1 128 62 ~ 70 43
InteliMouse Optical 126 68 39
SteelSeries Xai 125.5 68.3 38.7
Wheel Mouse Optical 124 67 40
ZOWIE EC2 120 58 ~ 65 40
PureTrak Valor 117 75 45

PureTrak の『Valor』は「縦が最も短く、横幅と高さが最も高い」という事が分かります。
どのようなマウスが登場するか楽しみです。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

Comments (0)
  1. Avatar 13 says:

    D2FC-F-7Nは中国オムロン製の一番安いマウススイッチです。耐久加工(接点の鍍金な)は一切されていません。最新鋭のマウスにまたこれを使うとは失望です。

  2. Avatar hajnal says:

    D2FC-Fは色んなマウスに使われているスイッチですよ
    MX518やdeathadderなんかもそうです

  3. Avatar 13 says:

    2:D2FC-Fは確かにいろいろなマウスに使われますが、mx518で使われるスイッチはD2FC-F-7N(10M)、言われば、D2FC-F-7Nの高耐久性発展型(10m=10million uses)ですね。接点に銀加工がされ、価格も普通のD2FC-F-7Nより倍ぐらい高いです。
    deathadderは普通のD2FC-F-7Nを使っています。
    (だからこそ、ロギのmx518製品紹介ページで、ボタンの耐久性のポイントが乗せてあります。razerのdeathadderの紹介ページでは、deathadderの高性能を言いながら、クリック耐久性は一切言及してないのは、まさにそのためです)

  4. Avatar Kijim says:

    この表参考になる

  5. Avatar NooByte says:

    やっべ何これ欲しいと思ったけど、冷静に考えたら青ソール標準装着ですよね