eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

id Software の『Quake』が 15 周年に

Quake
id Software の『Quake』が 15 周年を迎えました。

Quake’s 15th Anniversary

『Quake』は 1996 年 6 月 22 日に id Software によってリリースされた FPS です。

詳しい解説を Wikipedia から引用します。

Quake以前のFPSでは、フィールド(建物や部屋の構造等)だけを3D描画し、それ以外のオブジェクト(キャラクター、武器、アイテム等)に関しては、主にビルボードと呼ばれるスプライト描画テクニックによって2D描画されるのが普通であったが、Quakeからは登場する殆ど全てのオブジェクトが3D描画されるようになった。また、ゲームシステムとしても、DOOMでは実現されなかった高さの概念が導入され、ゲーム内容も高低差や立体交差などの3次元要素を充分に生かした物となっていた。

フル3DのFPSの元祖だけではなく、それまでのマルチプレイではIPX/SPXのみのサポートであったネットワークプロトコルが、TCP/IPをサポートすることにより、インターネットでのマルチプレイゲームを意識したゲームとしても斬新であり、QuakeSpy(現在のGameSpy)等、サーバブラウザという現在では当たり前の機能のきっかけを作った。

ゲームエンジンのライセンスビジネスとしても成功を収め、多くのQuakeエンジンを使用したゲームが開発された。
from http://ja.wikipedia.org/wiki/Quake

以下から、Quake からの様々な派生図を見ることが出来ます。

Bethesda のブログでは、1996 年に行われた QuakeWorld Launch Event の動画が紹介されていました。

QuakeWorld Launch Event – 1996

15 年前の LAN 対戦(?)の様子を見ることが出来ます。かなり貴重な映像ではないでしょうか。

『Quake』は Steam にて $9.99 で購入可能です。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar mego says:

    当時リアルタイムで買った私もおじさんになるわけですね

  2. Avatar mishima2006 says:

    まじでw

    当時はCPUがPentiumで200MHz以下、
    メモリは32MBくらいだったんじゃないかな。
    NECのパソコンがアメリカでもメジャーだったんすね。