eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

プロゲームチーム Natus Vincere モデルのゲーミングヘッドセット『SteelSeries Siberia v2 Natus Vincere Edition』が登場

ゲーミングヘッドセット『SteelSeries Siberia v2 Natus Vincere Edition』

プロゲームチーム Ukraine Natus Vincere モデルのゲーミングヘッドセット『SteelSeries Siberia v2 Natus Vincere Edition』が発表されました。

SteelSeries Siberia v2 Natus Vincere Edition

『SteelSeries Siberia v2』は 50mm のスピーカーユニットによるクリアーな全音域を特徴としたゲーミングへッドセットです。

『SteelSeries Siberia v2 Natus Vincere Edition』はウクライナを拠点とするプロゲームチーム Ukraine Natus Vincere モデルのヘッドセットで、チームのメインカラーであるイエローをベースとし、イヤーパッドとヘッド部分のバンドにはチームのロゴが入った特別バージョンとなります。

特徴

  • クローズタイプヘッドセット
  • プルアウト式マイク
  • クリアな高音、中音、低音域
  • 50mmスピーカーユニット
  • 軽量かつ柔軟な機構
  • ボリュームコントローラー

ヘッドフォン部

  • 周波数特性: 10 – 28.000 Hz
  • インピーダンス: 32 Ohm
  • SPL@1kHz, 1Vrms: 112 dB
  • ケーブル長: 1.0 m + 2.0 m = 3.0 m / 9.84 ft.
  • 接続: 3.5 mm

マイク部

  • 周波数特性: 50 – 16,000 Hz
  • 集音パターン: 指向性
  • 感度: -38 dB
SteelSeries Siberia v2 Natus Vincere Edition -1- SteelSeries Siberia v2 Natus Vincere Edition -2-
SteelSeries Siberia v2 Natus Vincere Edition -3- SteelSeries Siberia v2 Natus Vincere Edition -4-

SteelSeries Siberia v2 Natus Vincere Edition

発売日や正式な価格についてのリリースはまだ出ていないので、わかり次第追記します。
→発売は時期は世界市場で 2011 年内、日本では改めて発表とのことです。価格については記載されていませんでした。

SteelSeries Sensei の紹介動画に黄色いヘッドセットが映っていましたが、あれが Natus Vincere モデルだったのですね。

Ukraine Natus Vincere の Counter-Strike1.6 チームは明日から韓国で開催となる『e-Stars Seoul 2011 MSI Beat IT Championship』に出場予定です。また、優勝賞金 $1,000,000 をかけて行なわれている『The International DOTA2 Championships』に DOTA 部門が出場しており勝者側トーナメントに進出しています。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar BOBSONZ says:

    ほしいと言っちゃほしいけどもうすでにREDあるしなぁ・・・

  2. Avatar ShideN says:

    オレンジあるけどなぁ・・・
    Na'Viファンとして絶対にほしい。
    お金の余裕があれば即buyですね