『BenQ』の FPS 向け液晶ディスプレイ『BenQ XL2420T』が 12 月中旬に国内販売開始

BenQ XL2420T

『BenQ』の FPS 向け液晶ディスプレイ『BenQ XL2420T』が 12 月中旬に国内販売開始となることが発表されています。

BenQ XL2420T

Counter-Strike Legends

『BenQ XL2420T』の開発には伝説的な Counter-Strike チーム Ninjas in Pyjamas の元メンバーが参加しており、以下のような特徴を持っています。

特徴

LED バックライトを採用した 24 型フルハイビジョン液晶ディスプレイ
アスペクト比 16:9、解像度 1920×1080 のパネルを採用した LED バックライトの 24 型フル HD 液晶ディスプレイです。従来のディスプレイと比べ、超ハイコントラストにより、暗いシーンをより暗く、画像の細部を潰すことなく映し出すことが出来ます。また、低消費電力、水銀の不使用により環境にも配慮されたディスプレイとなります。

暗い場面の視認性を高める Black eQualizer 機能
暗いシーンの視認性の悪さは、熟練したゲームプレーヤーにとっても大きな問題点となっています。新開発の Black eQualizer カラーエンジン技術は、今までにない可視化を目指して開発されました。FPS モードにおいて Black eQualizer を設定することで、ゲーム中の見えにくい暗所や逆に明るすぎる範囲の輪郭・明るさを明瞭にし、隠れている敵や障害物を素早く見分けることができるようになりました。

ディスプレイモード
ディスプレイモード機能を搭載。ディスプレイモードを設定することで、簡単に異なる 7 つの画面サイズモードへの調整が可能です。(17 型(4:3)、19 型(4:3)、19 型ワイド(16:10)、21.5 型ワイド(16:9)、22 型ワイド(16:10)、23 型ワイド(16:9)、24 型ワイド(16:9))

元プロゲーマーが設定する FPS モード
FPS モードは、世界的に有名な元プロゲーマー Abdisamad “ SpawN ” Mohamed 氏と Emil “ HeatoN ” Christensen 氏の開発協力を得て、明るさ、コントラスト、シャープネス、色合いを FPS ゲームの為に調整されたモードです。Counter-Strike 1.6 用に設定された FPS1 モード、Counter-Strike Source 用に設定された FPS2 モードの 2 つの設定を搭載。XL2420T は、ゲームプレーヤーに最適な設定環境を提供いたします。
※ FPS とは :First Person Shooter の略で、主人公から見た視界(一人称視点)が表示されるシューティングゲーム

インスタントモード
インスタントモードは、マウスの動きとディスプレイ間における入力処理のラグを縮小することで、応答性を向上させる機能です。主にネットゲームやシューティングゲーム、FPS ゲームに有効な機能となります。

高速応答技術「AMA」を搭載し、GTG 2ms の応答速度
BenQ 独自の高速応答テクノロジーである AMA(Advanced Motion Accelerator)を搭載。中間階調域では 2ms(黒白黒: 5ms)という高速応答を実現。ゲームの速い動きを、ゴーストの少ない滑らかで美しい映像を映し出します。

簡単に操作が可能な新デザインの OSD メニュー
ベゼル上部のライトセンサーで、OSD の入力が可能となりました。ベゼルと一体化しているので、便利で簡単に操作できます。また、表示メニューもモニタのデザインを損なうことなく設計されており、デザイン性も考慮された新しいタイプの OSD メニューとなります。

動画再生を滑らかに行う 120Hz 駆動
垂直リフレッシュレート 120Hz 対応の液晶パネルで、超高速の動画やゲームの動きも、残像を大幅に削減することで、リアリティのあるスムーズな画像描写を体感することができます。

NVIDIA(R) 3D Vision(TM) 2 に対応
NVIDIA(R) 3D Vision(TM)2 に対応しています。新しい NVIDIA 3D LightBoost(TM)技術により、3D ゲームなどを、より明るくクリアで臨場感溢れる 3D 映像をお楽しみいただけます。(※ 3D 視聴するためには、別途 NVIDIAR 推奨グラフィックカード搭載の PC、NVIDIA 3D Vision(メガネなど)が必要になります。また、DVI-D-DL 接続時のみ 3D 対応になります。(DVI-D-DL ケーブルは付属))

OSD 専用コントローラー S.Switch を付属
スタイリッシュな OSD 専用コントローラー S.Switch を標準搭載。簡単に OSD の設定や保存などを行うことができます。スタンド部分と融合するユニークなデザインのリモコンで、最大 3 つまでお気に入りのモード設定をすることができ、ゲーム用、映画用、仕事用、または、ゲーム別などに設定しておけば、ボタンひとつで簡単に設定の切り替えが可能となります。

新設計の高さ調整機能
ボタンなどを押すことなく、簡単に 130mm の高さ調整ができ、左右 35 度のスウィーベル機能や、本体を 90 °回転させるピボット機能も搭載しています。また VESA マウント使用の際には、ボタンひとつで簡単にスタンドからディスプレイを取り外すことができます。

Windows7 に対応
マイクロソフト社が提供する Windows7 の動作認定制度である「Compatible with Windows7」のロゴを取得しています。

価格はオープンプライスとなっています。4Gamer.net にはメーカー想定売価 4万4800円前後との情報が記載されていました。

今回は発表されていませんが、海外ではこの他にも RTS 向けの RL シリーズの情報が公開されています。

情報元

コメント

Avatar Mako

2410Tの下取交換はありますか? あったら申し込みます!