『SteelSeries』がゲーミングマウス『SteelSeries Kinzu v2』『SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition』『SteelSeries Kana』をリリース予定

SteelSeries』の CMO を務める Kim Rom 氏が、ゲーミングマウス『SteelSeries Kinzu v2』『SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition』『SteelSeries Kana』をリリースすることを明らかにしました

SteelSeries Kinzu v2/SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition

SteelSeries Kinzu v2SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition

『SteelSeries Kinzu v2』と『SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition』は左右対称デザインで4ボタン(左、右、マウスホイール、CPI切り替え)の光学式ゲーミングマウスです。

スペック

Kinzu Kinzu v2
読取フレーム数 9.375 3,600
最大読取速度 50 65
読取メガピクセル数 3.75 3.7
1インチあたりのカウント数 400, 800, 1600, 3200CPI
最大加速 20 G 30 G
センサーデータパス True 16 bit
リフトディスタンス ~2 mm
最大レポートレート 1,000 Hz
サイズ 縦117m×横64mm×高さ36mm
重さ 77グラム
ソール ポリエチレン テフロン
スイッチ ? オムロン製

『SteelSeries Kinzu Red』でスイッチがオムロン社製、ソールがテフロン製に変更されましたが、『SteelSeries Kinzu v2』ではこれらがデフォルトとなります。

また、マウスの加速がオフとなる他、統合ソフトウェア SteelSeries Engine に対応するとのことでした。

『Kinzu v2』と『Kinzu v2 Pro Edition』はスペック的には同じですが、写真を比較するとマウスの表面素材が違うようです。

SteelSeries Kinzu v2 SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition

左: Kinzu v2, 右: Kinzu v2 Pro Edition

SteelSeries Kana

『SteelSeries Kana』は『SteelSeries Kinzu』を全体的に 4% ほど大きくした製品で、 Kinzu と Sensei の中間サイズになるとのこと。
画像検索すると公式なのかはわかりませんが、サイドボタンが付いたマウスの画像を見ることが出来ます。

『SteelSeries Kana』はすでに 4 人(一般のプレーヤー?)がテスターとなっており、本日よりテスターからの情報が解禁になるそうでより多くの情報が出てくると思われます。

アジア先行でリリース予定

Kim Rom 氏が情報元の overclock.net のフォーラムに書き込んだ情報によると、製品は今週よりアジアにて緩やかにローンチが開始さるとのこと。Kim Rom 氏は韓国から書き込みしていると明かしていることから、韓国からリリースなのではないでしょうか。

グローバルでは 2012 年 1 月よりリリース予定とのことなので、もしかすると日本ではクリスマス商戦にあわせてリリースという可能性もありそうです。

ひろゆうさん情報提供ありがとうございました。

情報元

コメント

Avatar MamE

オムロンスイッチってあんまり評判よろしくないけどどうなんだろう

Avatar NooByte

毎回斜め上の裏切り方をするキム先生ぱねえっす

Avatar .

加速はドライバアンインスコしたら治ったから
まだまだkinzuノーマルは現役のつもり