BRZRK 氏によるゲーミングマウス『SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition』レビュー

SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition

BRZRK 氏によるゲーミングマウス『SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition』のレビューが 4gamer.net に掲載されています

SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition

『SteelSeries Kinzu v2 Pro Edition』は『SteelSeries Kinzu』の後継となる左右対称デザインで 4 ボタン(左、右、マウスホイール、CPI 切り替え)の光学式ゲーミングマウスです。

センサーの最大読取速度と最大加速性能が向上した他、マウスの表面がザラザラした加工から光沢のあるものに変更、オムロン社製のボタンスイッチやテフロン製ソールを採用している点が『SteelSeries Kinzu』と異なります。

BRZRK 氏はレビューにて以下のようにまとめていました。

以上,Kinzu v2 Proを見てきたが,コンパクトにそつなくまとまってきた印象を受ける。少なくとも,Kinzu Opticalのデビュー時にあった不安がないので,とりあえず手を出しても大丈夫,というのは大きい。

 で,取捨選択だが,一昔前ならともかく,現在は多くのゲーマーがサイドボタンを活用しており,さらに,9ボタン仕様を採用したLogitech(ロジクール)の「Gaming Mouse G300」がKinzu v2 Proより安価で流通しているわけで,「安価で小型のマウスだからサイドボタンはなくてもいいよね」という言い訳はもはや通じないだろう。その点で,Kinzu v2 Proは人を選ぶマウスといえそうだ

また、センサー直線補正テストでは前回の「へのへのもへじ」に続き「つるニハ○○ムし」が描かれており謎の BRZRK ワールドが展開されていました。

情報元

コメント

kuwa

3色あるんだから1色くらいザラザラにして欲しかったわ
表面だけKINZUと交換出来たりしないかな

mishima2006

しかしG300はちょっとあり得ない形だったなぁ

teacup-dog

サイドボタン要らない人ってどれぐらいいるんですかね