『World Cyber Games 2012』の競技タイトルとプロモーショナルタイトルの第 1 弾が発表

World Cyber Games
2012 年 11 月 29 日 ~ 12 月 2 日に中国で開催される『World Cyber Games 2012』の競技タイトルとプロモーショナルタイトルが公式に発表されました

World Cyber Games 2012

WCG 2012 Official Game Titles:

FPS (First Person Shooting)

  • Cross Fire (NEOWIZ GAMES)

Sports

  • FIFA 12 (Electronic Arts)

WCG 2012 Promotional Game Titles:

FPS (First Person Shooting)

  • Counter-Strike Online (Nexon/Valve)

Action MMO (Massively Multiplayer Online)

  • World Of Tanks (Wargaming)

これら以外のタイトルについても、追加発表を行う予定とのことです。

Brad Lee 氏のコメント( World Cyber Games, Inc CEO)
今日の競技ゲーミングシーンにおける全てのジャンルを超えて最も人気のあるゲームタイトルを、 WCG 2012 Grand Final の競技タイトルとして披露することにエキサイトしています。
世界最高のプレーヤーが王座をかけて競い合うエキサイティングな年になることを楽しみにています。

採用タイトルについて

『Cross Fire』と『FIFA 12(FIFA 11)』は昨年に引き続いてメインタイトルとして採用となります。『Cross Fire』については、先日、韓国版のサービスが 7 月で終了となることが発表されていますが、開催国の中国では昨年 9 月時点で 同時接続数が 300 万を超えるほどの人気となっています(もっと新しい数値が出ているのをご存じでしたら教えてください)。

プロモーショナルタイトルの『Counter-Strike Online』はアジアで展開されており、日本でもサービスが行われていることから予選開催の可能性がありえそうです。

他のタイトルについては、ウワサとしていくつかのサイトが『Starcraft II』『Warcraft III』『League of Legends』が採用になるとの情報を掲載しています。
いまさら『Warcraft III』、というのが信憑性にかける感じなのですが、昨年に採用された実績があるので意外とあり得るかもしれません。

情報元

コメント

Hubble

さすがにSpecialForce2はまだだったか・・。
CFは中国でだけ人気あるからなぁ

MamE

素直に喜べない/(^o^)\
でもFPSがなくなるよか良いか

Delgohan

こんなチート蔓延放置してるゴミゲーなんか採用するなや