eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Team Fortress 2』『Counter-Strike: Source』『Day of Defeat: Source』『Half-Life 2: Deathmatch』アップデート(2012-07-02)

『Team Fortress 2』『Counter-Strike: Source』『Day of Defeat: Source』『Half-Life 2: Deathmatch』のアップデートがリリースされました(2012-07-02)。

Team Fortress 2, Counter-Strike: Source, Day of Defeat: Source and Half-Life 2: Deathmatch Updates Released

Team Fortress 2, Counter-Strike: Source, Day of Defeat: Source, Half-Life 2: Deathmatch に対するアップデートがリリースされました。
アップデートはあなたの Steam クライアントが再起動されると自動的に適用されます。
主な変更点は以下の通りです。

Source Engine Changes (TF2, DoD:S, HL2:DM, CS:S)

  • 偽装されたIPアドレスでゲームサーバーに接続出来てしまう問題を修正した

Team Fortress 2

  • PyrovisionにてTeddy Roosebeltでアシストを得られるようになった
  • Pyrovisionで武器や装飾品にkillcam がアクティベートされることがあるのを修正した
  • Scorch Shotがtauntの開始直後に近距離でkill pellet を発射することが出来るexploitを修正した
  • Low Violence設定の Pyrovisionで血や頭が飛び散る場合があるのを修正した
  • Hitman’s Heatmaker のヘッドショット数がスコアボード上で適切にカウントされないのを修正した
  • フォーカス中に他の武器(SMG)用のトレーサーが発射されるのを修正した
  • Sydney SleeperのボーナスがDecapitating Headshotに対して正しく適用されないのを修正した
  • Pyrovisionでレインボーシャワーを受けたプレーヤーにチームカラーを追加した
  • ローカライズファイルをアップデートした

Counter-Strike: Source

  • サーバー管理者が最大 RCON パケットサイズをコントロールし、実行リミットに達したユーザーを BAN したりできる Cvar sv_rcon_maxpacketsizeとsv_rcon_maxpacketbansを追加した
  • Macでカスタムスプレー画像をインポートできないのを修正した
  • Macでhttp経由のマップダウンロードに30秒以上かかるとキャンセルされてしまうのを修正した
  • サーバーMOTDを表示するためのHTMLレンダーをアップデートした

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/