eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

QUAKE シリーズのレジェンド Cooller が開発に参加したゲーミングマウス『ZOWIE EC eVo CL』シリーズ発表

ZOWIE EC eVo CL

QUAKE シリーズのレジェンドプレーヤー Cooller が開発に参加したゲーミングマウス『ZOWIE EC eVo CL』シリーズが発表されました。

ZOWIE EC eVo CL シリーズ

『ZOWIE EC eVo CL シリーズ』は、先日契約締結が発表された QUAKE シリーズのレジェンドプレーヤー Anton “Cooller” Singov 選手が開発に参加して完成されたゲーミングマウスです。

代理店のマスタードシード社より、公式プレスリリースの日本語版をいただいたので以下に掲載します。
リリースによると、『ZOWIE EC eVo CL』は Cooller 選手がプレーする『QUAKE LIVE』でのプレーを想定してスクロールホイール等の仕様が詰められており、カラーリングも同タイトルをイメージしたものになっているとのことことです。

ZOWIE GEAR が EC eVo CL シリーズ ゲーミングマウスを発表 (プレスリリース

ZOWIE GEAR は、革新的な設計で好評を得ている EC eVo ゲーミングマウスの新バージョン「EC eVo CL」を発表します。
EC eVo CL シリーズは、Quake シリーズの伝説的なプロゲーマーで、ZOWIE GEAR と先日パートナーシップを締結した Anton ‘Cooller’ Singov 氏のプレイヤー名に因んで命名されました。ZOWIE GEAR と Cooller は e-Sports に対する情熱を共有し、そのパートナーシップの成果の第 2 弾が EC eVo CL であり、今後も製品を世に送り出していくことになります。

Cooller は 10 年以上も Quake プレイヤーとして活動してきて今なお現役であり、多忙な日々を送りつつも今日に至るまで競技生活を送ってきており、競技を楽しんでいます。これまで ZOWIE EC2 ゲーミングマウスを使ってきた Cooller は、EC2 の使い易さはそのままで、ZOWIE FK ゲーミングマウスに施されている日本製素材を採用した上質なラバーコーティングを施したマウスを要望していました。

ZOWIE GEAR は、より高速なホイールスクロールを求めるゲーマーの意見にも耳を傾けており、従来の 16 ノッチのホイールに対して、新しい EC eVo CL では 24 ノッチのホイールを採用しています。Quake のプレイヤーは武器切り替えにスクロールホイールをあまり使わないことから、ZOWIE GEAR と Cooller は 24 ノッチの採用を決定しました。

ホイールの変更点は、単にスクロールが高速になっただけではなく、従来のホイールと比べると回転時の手応えが少し軽くなっていますが、これは最終的には個々人の好みの問題になると思われます。

EC eVo CL は(現在サービス中の現行タイトル Quake Live のイメージカラーに準じて)側面はホワイト、上面は黒、サイドボタンは赤の 3 色でカラーリングされており、これは、ZOWIE GEAR、Cooller そして Quake コミュニティにおける顕著な存在である彼が成し遂げた実績を表したものです。

ZOWIE GEAR EC シリーズは、ZOWIE GEAR が初めて独自開発したゲーミングマウスであるにもかかわらず、EC シリーズの人気は世界各国において年々上昇しており、これは ZOWIE GEAR の e-Sports 向けゲーミングデバイスに対する理念がゲーマーに受け入れられ、高く評価されているためと考えます。製品を改良しつづけることを怠らず、EC eVo CL のような新たな選択肢をゲーマーに提案しつづけているからこそでしょう。

特徴

  • 握りやすさを追求した、人間工学に基づく右手専用形状
  • e-Sports 向けに開発し、ゲーミングギアとしての性能を追求
  • USB ポーリングレートを 125/500/1000Hz の 3 段階で切替可能
  • センサー解像度を 450/1150/2300dpi の 3 段階で切替可能
  • わずか 1.5 ~ 1.8mm のリフト・オフ・ディスタンスを実現
  • 24 ノッチ仕様のスクロールホイール
  • FK ゲーミングマウスで好評のラバーコーティングを採用
  • ソフトウェアのインストールが不要なプラグ・アンド・プレイ設計

EC eVo CL は、現在発売中の EC eVo シリーズと置き換わるものではなく、より高速なスクロールホイール、違う素材を使ったラバーコーティングといった、新たな選択肢を提案するものです。発売は 10 月以降を予定しております。

――――

製品価格についての記載はありませんでした。
『ZOWIE EC eVo』は日本で 6,000 円前後で販売されているので同等の価格帯になるのではないかと思います。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

Comments (0)
  1. Avatar cocot@koorizatou says:

    WMO型・・・待ってますッ・・