QUAKEシリーズ等で活躍した元プロゲーマー stermy がイタリアのテレビ番組に出演

stermy

元プロゲーマーの Italy Alessandro “stermy” Avallone 氏がイタリアのテレビ番組に出演した時の情報が ESRealityにて紹介されていました。

stermy がイタリアのテレビ番組に出演

stermy は、2003年~2011年までQUAKE、Painkiller、FIFAシリーズ等で活躍したプロゲーマーで、2014年1月15日にイタリアのテレビ番組「Occupy Deejay」にゲスト出演し、自身のキャアやeスポーツについてトークを繰り広げました。

アーカイブ動画

この番組の動画は、公式のYouTubeチャンネルにアップされています。

動画ではイタリア語で会話が行なわれているのですが、ESRealityに英語のテキスト起こしが掲載されていたのでそちらを読んでみました。

トーク内容

stermy

男性司会
Alessandro “stermy” Avallone選手です。ようこそ!

stermy
こんにちは。みなさん。

男性司会
あなたはプロフェッショナルゲーマー、ですよね?

stermy:
はい。いまは少し違いますが。

男性司会
そして、さらにあなたは最高のゲーマーの1人です。もし、最高のイタリアプレーヤーでなかったとしも私にはわかりませんが。

stermy
私は、ほぼイタリア唯一のプロゲーマーで、長い間プレーしているプレーヤーです。

男性司会
どのようにしてプロゲーマーになったのですか? なぜ「stermy」という名前なのですか? “sterminatore(イタリア語で絶滅させる者、というような意味)”に由来しているように思いますが。

stermy
そのとおりです。いつも本当の意味は無い、と言っていますが、そうです、“exterminator”です。私は10歳の時に奇妙な音がする古い56kモデムでゲームを始めたのですが…

男性司会
それについて話しましょう。

stermy
若い10歳の少年である私は、オンラインでゲームをプレーしていました。私は自己主張するために他のプレーヤーに対して強そうな名前を必要としていて、「sterminatore」をシンプルに「stermy」としたのです。

男性司会
どんなゲームでキャリアをスタートしたのですか?

stermy
QUAKE III Arenaというゲームです。

男性司会
そうですか。“exterminator” はある意味パーフェクトな名前でしたね。

stermy
パーフェクトです。この10~11年でプロフェショナルレベルで10個のゲームをプレーしましたが、名前は全て「stermy」のままでした。

女性司会
あなたはいつプロゲーマーになったのですか?

stermy
2004年です。イタリアの周りではトーナメントが開催されていて、2000~2001年には友人と楽しむための趣味として多くのオンライントーナメントに参加しました。

その後、2002年に韓国で開催された『World Cyber Games2002』にナショナルチームの一員として参加しました。これは初となるビッグトーナメントで、当時は15歳でした。

1人で旅行することができるのは本当にうれしいことでしたが、これが初の国際大会経験だったのでこてんぱんにやられました。しかし、チームは私に才能があることを悟りました。私はプレーを続け2004年に2回目のワールドチャンピオンシップに参加し、そこで初となるスポンサーを獲得して世界中をまわりはじめました。

男性司会
すばらしい。あなたのキャリアは QUAKE III ARENAからはじまったとおっしゃいましたね。

stermy
QUAKE III ARENAからです。それ以来、たくさんのゲームをプレーしましたがいつもFPSでした。FPSは私が大好きなゲームジャンルですが、トーナメントやスポンサーの関係で他のタイトルもプレーします。

女性司会
パソコン上でプレーするのですか?

stermy:
はい。パソコンでプレーします。コンソールのゲームトーナメントもあります。

男性司会
あなたが最初のトーナメントでPCにジョイスティックをつないでプレーしていたというのは本当ですか?

stermy
(驚いて)どうして知っているのですか?

(笑いが起きる)

男性司会
あなたが他のインタビューでおっしゃったんですよ。
(さらに笑いが起きる)

男性司会
私はそれを読んだのです。しかし、ジョイスティックを使うことは恥ずかしいことでは無いと思うのですが…。

stermy:
それはそうです。自分自身に置き換えてみてください。キーボードとマウスはジョイスティックの10倍のハンド・アイ コンディションを与えます。要するに、ジョイスティックを使うことでのプレー精度はマウスとキーボードよりもだいぶ劣るのです。

男性司会:
私は反対だと思っていました。

stermy
基本的に、13歳のあなたはこれが初のトーナメントで最年少です。他のプレーヤーたちはより豊富な経験をしている。あなたがジョイスティックを出すと笑われる。私が最初にこういました。「マウスを買うから200リラをくれますか?」 私は最高のマウスを買いましたが、期待外れでした。

女性司会:
練習しなくてはならなかったんですよ…

男性司会:
だんだん上手くなりますから。

stermy
ええ、ええ。私は練習しなくてはなりませんでした。

女性司会:
あなたはトーナメントのために世界をまわられたそうですが、どこに住んでいたのでしょうか?

stermy
いまはイタリアに住んでいます。16~17歳くらいでプロゲーマーになりましたが、13歳くらいから様々なトーナメントやトレーニングで世界を回り始めました。かなり長い間スウェーデンに住み、次はロサンゼルス。スポンサーやテレビ番組などのためのアメリカ中をツアーで移動しました。

数年前に、様々なプロジェクトや、eスポーツをイタリアで広めるアンバサダーとなるため、家族や友人により近いイタリアに戻ってきました。ゲームは時間を浪費するだけのものではなく、アート、スポーツ、エンターテインメントであると説明しています。

男性司会
多くの人達は、ビデオゲームを座ってするスポーツのように見ていると思います。トーナメント中にはどのくらいエネルギーを消費するのですか?

stermy
かなり消費します。私の場合、精神的な集中をかなり必要とするので。
ポーカーやチェスのようなもので、これらはスポーツです。プレーヤーは研究や戦略だけでなく、マインドセットの訓練もしなくてはなりません。トーナメントに参加するとき、あなたはコンピューターと対戦するのではないと考えなくてはなりません。レベルはありません。それはまさにスポーツであり、全ての試合は異なるものなのです。

男性司会
あなたは、敵の動きを予測しなければならない。

stermy
そうです。

女性司会:
最高レベルに到達するのに必要なスキルはありますか?

stermy
情熱、研究などたくさんありますが、最も重要なのは同じくマインドセットです。他のスポーツのように、目標を設定しそこに到達するのです。

男性司会
すばらしい。私たちはAlessandro Avalloneさんと共にすぐに戻ってきます。

(映像切り替わり)

男性司会
プロゲーマーはどのくらい稼ぐことができるのですか?

stermy:
セリエAのようなプロフェッショナルレベル最大級のトーナメントだと、3~5万ドルからポーカーのような100万ドルほどまで少しずつ増えていきます。トーナメントは同じモデルを採用していて、1位と2位は他の順位よりも金額が良いです。その他には、スポンサーや広告などのような収入があります。

男性司会
ゲームパブリッシャーから多くの関心があるかもしれませんね。ポーカーに匹敵するような新しいビデオゲームが常にありますし…。

stermy
シーンの裏側のビジネスは非常に巨大で、ゲームはゆっくりとスポーツのようになってきています。たとえば、アメリカではプロゲーマーがアスリートと同じビザを持っていますし、韓国では国技になっていて、おそらく他のスポーツよりも大きな存在になっているでしょう。

イタリアでもゆっくりと成長しています。私はそのような仕事をイタリアでしようと思っています。外国のように簡単ではありませんが、イタリアでもさまざまな会社が興味を持つようになってきています。これは外資の本社が投資しているからでもあります。

女性司会
さまざまな会社があなたにコンタクトを取ろうとするようなことが起こりますね…

stermy:
はい。実際のところ私はプロゲーマーとなった後、トーナメントだけに集中していませんでした。母がよく「後で起きることについて考えなさい」と言っていたので、私はビデオゲーム関連、テクノロジー、ソフトウェア、ビジネスなどあらゆることについて勉強しました。その結果、現在私は様々な会社とゲーム向けのハイパフォーマンスハードウェアの開発に取り組んでいます。

女性司会:
それは、ゲームとは関係ないキャリアで保証を得ようとしているのですか?

男性司会
関係なくはないですよ。

女性司会
同じフィールドですか…

stermy
同じフィールドですよ。私はコンサルタントとして働いています。ソフトウェアプロダクション、ゲームなどさまざなことをすでにやっています。例えば、イタリアではASUSと一緒に取り組んでいます。私はみなさんにeスポーツを少しずつ知ってもらいたいです。

女性司会:
あなたがゲームを始めた時、ご両親はなんと言いましたか? 10歳と非常に早かったので、多くの時間をコンピューターの前で過ごしたに違いないと思うのですが。

stermy
私はどうしたら両親が喜ぶかをわかっている少年でした。学校で良く過ごし、スポーツをし、友達を作りということをこなしてきました。フットボールが大好きで17年間かなりの時間プレーしましたが、自由な時間を管理して趣味に当てました。当時の趣味はゲーム、テクノロジーなどです。「明日からゲームのプロになろう。それしかやらないぞ。」というようなことは決して考えませんでした。両親は私をサポートしてくれたので感謝しています。しかし、それは偶然起こりえたものです。

男性司会
突然ですが最後の質問です。私たちはスポーツとなったゲームについて話してきましたが、身体的にも精神的にも疲れると思います。ゲームにもドーピングはあるのですか?

stermy
うーん、これについてはたくさん議論されました。おそらくいくつかのケースはあると思います。しかし、あなたがフォーカスしようとしていることについては私はわかりません。

男性司会
いまは規制がまだないということですね?

stermy
規制はまだありません。多くのストーリーがアメリカにありましたが、イタリアでそれについて話すのは難しいです。アメリカではファンが埋め尽くすスタジアムでプレーしていますが、イタリアにはまだ何もありませんし。真実として、私たちはまだはじまったばかりで、プレーヤーは15~30歳のとても熱心で正直な自分たちがしていることを愛している人達です。とてもクリーンな環境ですよ。

男性司会
そのまま留まることを望みましょう!ビジネスが始まるときは、この種の悪い力も含まれるものです。Alessandroさんありがとうございました。あなたのキャリアの幸運を祈ります。この動画はアーカイブされるので、私たちはすぐに戻ってきます。

―――

stermy氏の公式サイト「stermy.com」は現在リニューアル中でした。
キャリアについては、Facebookページに詳しくまとめられているので興味がある方はこちらをチェックしてみてください。

情報元