DOTA2大会『Asus ROG Dreamleague Season1』が賞金総額10万ドルで開催、ゲーム内アイテムの売り上げに応じて賞金が増額

Asus ROG Dreamleague Season1

DOTA2大会『Asus ROG Dreamleague Season1』が賞金総額10万ドルで開催となる事が発表されました。

Asus ROG Dreamleague Season1

  • 開催日: 2014年3月3日~
  • 賞金総額: $100,000
    • 1位: $40,000
    • 2位: $25,000
    • 3位: $15,000
    • 4位: $10,000
    • 5位: $6,500
    • 6位: $3,500

Season1 は9週間実施され、毎週月~水曜日に試合を実施。
3つのディビジョンに別れて12チームガ競いあい、上位6チームが『DreamHack Summer 2014』にて行なわれる決勝大会でチャンピオンの座を争います。

出場チーム

North American Division

  • Canada Cloud 9
  • United States Evil Geniuses
  • United States Team Dog
  • United States Team Liquid

Europe West Division

  • Sweden Alliance
  • Europe Fnatic
  • Denmark Meet your Makers
  • Europe Sigma.int

Europe East Division

  • Ukraine Natus Vincere
  • Russia RoX.KIS
  • Russia Team Empire
  • Russia Virtus.Pro

アイテム販売の売上のうち25%が賞金に上乗せ、購入者は『Fantasy League』をプレー可能に

『Asus ROG Dreamleague Season1』では、$9.99で販売されている下記アイテムが購入される毎に、25%が賞金に上乗せされます。

さらに、購入者は特典として大会の出場メンバーを組み合わせて自分だけの仮想チームを作りゲームを楽しむことが出来る『Fantasy League』をプレーすることが可能となります。

Fantasy League

Fantasy League

『Fantasy League』では、リアル大会での選手の活躍がスコアに換算される仕組みとなっており、自分のチームに組み込んだ選手が活躍することで、仮想チームのスコアが上がっていくため、選手の活躍や自分が作ったチームの両方を応援しながら大会を楽しむことが出来るようになります。

トレーラー

情報元

ゲーム紹介