eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Red Bull 5G 2014』の競技タイトル第1弾が『Gran Turismo 6』に決定

Red Bull 5G

日本のゲーミング界に翼を授けるゲームトーナメント『Red Bull 5G 2014』の競技タイトル第1弾がレーシングゲーム『Gran Turismo 6』に決定したことが発表されました。

Red Bull 5G 2014

『Red Bull 5G 2014』は 5 ゲーム、5 ジャンルを使用して行なわれるゲーム大会です。
西日本、東日本の予選を勝ち抜いた選手たちがエリアを代表するチームとなり、5ゲームで東西対抗戦を実施し、日本一の座をかけて競い合います。

昨年は徐々に公式競技ゲームタイトルが発表される方式でしたが、2014年はさっそく競技タイトル第1弾として、『Gran Turismo 6』(Playstation3)の採用が発表されています。

Gran Turismo 6 予選

オンライン予選期間

  • 4月7日(月)12:00~6月2日(月)23:59の期間

エントリー

オンライン予選は上記期間に東西に別れて行なわれ、予選上位8選手(計16選手)がオフライン予選に進出。
オフライン予選の各上位2選手がエリア代表となり日本一を決定するFinalsに出場となります。

オンライン予選は、これまでと同じ方式であれば予選期間内にタイムアタックを行なう方式となります。

予選の詳細や、各ゲームタイトルの発表は今後順次行なわれていきます。

Red Bull 5Gの競技タイトル

2012

  • RACING – Gran Trismo 5
  • FPS – BattleField 3: Close Quarters
  • SPORTS – FIFA 12
  • FIGHTING – STREET FIGHTER X 鉄拳
  • FREE GENRE – ぷよぷよ!!

2013

  • RACING – Gran Turismo 5
  • FPS – Halo 4
  • SPORTS – FIFA 14
  • FIGHTING – 鉄拳タッグトーナメント2
  • FREE GENRE – ぷよぷよ!!

2014

  • RACING – Gran Turismo 6
  • ?
  • ?
  • ?
  • ?

2012、2013は同ジャンルの実施で、採用タイトルはそれほど大きく変化していません。
『Red Bull 5G』は日本発祥の『Red Bull』イベントですが、いずれは世界展開も出来たらというお話をされていたので、今年はどのようなタイトルが選ばれるか注目です。

『Red Bull』は2013年にアメリカでプロゲーマーが参加するeスポーツイベント『Red Bull Battle Grounds』を開催しRTS『StarCraft II』を競技タイトルに採用。2014年イベントにはアクションRTS『DOTA 2』を採用するのではないかという情報も出てきています。

個人的に、このような世界的なeスポーツ大会で採用されているゲームが今年の『Red Bull 5G』に選ばれるかという点に注目しています。今年は独自ドメインの特設サイトではなく、redbull.com本体内にコンテンツが展開されているのも気になるところです。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!