eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『Red Bull Games』が「Five best moments in PC eSports」と題し、5つの eスポーツベストマッチを紹介

Five best moments in PC eSports

『Red Bull Games』が「Five best moments in PC eSports」と題し、5つの eスポーツベストマッチを紹介しています。

Five best moments in PC eSports

5. Counter-Strike 1.6 – fnatic vs AGAiN (World Cyber Games 2009)

『World Cyber Games 2009』ファイナル1試合目の AGAiN vs Fnatic戦は、4回の延長ラウンドが行なわれる超接戦に。
AGAiNはこの年、スポンサーを失っため自費で大会に出場。そして見事に2度目となる金メダルを獲得し『World Cyber Games』の殿堂入りを果たしています。

4. Starcraft: Brood War – Flash vs Jaedong (2010 Korean Air Starleague Season 2)

「Ongamenet Starleague」の2008、2009年の王者 Lee “Flash” Young Ho選手が3つ目のタイトルを狙う『2010 Korean Air Starleague Season 2』のファイナルがピックアップされていました。

対戦相手はライバルでありレジェンドプレーヤーの Lee “Jaedong” Jae Donng選手でした。

3. Quake III – Fatal1ty vs… Everyone (Razer CPL Quake III Finals 2000)

最も成功したプロゲーマーと評されるJonathan “Fatal1ty” Wendel 氏は5つのFPSで12回の世界王者になった実績を持つプレーヤーです。

その中から、2000年に行なわれたRazer CPL Quake III Finalsの決勝戦がセレクトされていました。この年、Fatal1ty選手は参加した14のトーナメントで13回優勝と快進撃で、上記の動画は6対-1と圧勝した試合のものでした。

Fatal1tyのトーナメント入賞歴は公式サイトにまとめられています

2. Starcraft II – Naniwa vs The World (Major League Gaming 2011)

1. DOTA 2 – Natus Vincere vs Invictus Gaming (The International DOTA 2 Championships 2012)

賞金総額160万ドルのDOTA2世界大会『The International 2』よりNatus Vincere vs Invictus Gaming戦がピックアップされていました。

大会はダブルイリミネーション方式のトーナメントで行なわれ、Invictus Gamingは勝者側セミファイナルでNatus Vincereに敗退し敗者側トーナメントへ。

Invictus Gamingは敗者側トーナメントから勝ち上がり、グランドファイナルで再びNatus Vincereと対戦し、見事にチャンピオンの座を獲得するという展開でした。

The International 2 というと、やはりこの動画の12:19からのシーンが素晴らしいと思います。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!

Comments (0)
  1. Avatar sanflower says:

    何度も見たくなる動画ですね