eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

DOTA2世界大会『The International 4』のアメリカ・東南アジア代表チーム決定、賞金総額は586万ドルに到達

The International 4

2014年7月18~21日に開催されるDOTA2公式世界大会『The International 4』のアメリカ・東南アジア代表チームが決定しました。

The International 4

『The International 4』は、NBAシアトル・ストームのホームスタジアム「Key Arena」にて世界トップ16チームが参加し2014年7月18日(金)~21日(月・祝)に開催されます。

現在は予選期間中となっており、4つの予選で本戦に出場する4チームを選出。さらに、各予選の2位チームが本戦会場にて最後の出場枠をかけて戦うPlay-in Seriesに出場する件利を得ることが出来ます。

アメリカ予選

順位

  • 1位: United States North American Rejects – The International 4 本戦出場
    • Brax, Korok, Fogged, 1437, Sneyking
  • 2位: United States Team Liquid – The International 4 Play-in Series出場
    • TC, BuLba, Waytosexy, qojqva, DeMoN
  • 3位: United States Sneaky Nyx Assassins
    • USH, SNA, ixmike88, FLUFFNSTUFF, whiteBeard
  • 4位: Peru Union Gaming
    • SiDeRal, ZndeRsteel, Angel, Iwo, Nova

ファイナル

VOD

東南アジア予選

順位

  • 1位: Malaysia Arrow Gaming – The International 4 本戦出場
    • Lance, ddz, JoHnNy, MoZuN, xiangzai
  • 2位: Korea MVP.Phoenix – The International 4 Play-in Series出場
    • March, Heen, Forev, Reisen, QO
  • 3位: Thailand MiTH.Trust
    • TnK, Lakelz, aabBAA, KyT, boombell
  • 4位: Philippines Mineski
    • Jay-Bimbo, Owa-Josh, gio, JessiVash, Paseo-Nma

ファイナル

  • Malaysia Arrow Gaming [3-1] Korea MVP.Phoenix

ファイナルは予選グループを共に7勝2敗で勝ち抜いたMalaysia Arrow Gaming と Korea MVP.Phoenixの対戦となり、Malaysia Arrow Gaming が勝利しています。

アジア予選の各試合の実況配信は、下記のページにまとめられています。

今回の上位4チームは、今月末に開催となる『ESL One Frankfurt 2014』Asian Finalsにも出場予定です。

中国予選

本日から中国予選がスタートしています。
出場チーム、試合スケジュール、ストリーミング情報は下記にまとまっています。

賞金総額が586万ドルに到達

『The International4』本戦は基本賞金総額は160万ドルで、「The International Compendium 2014」($9.99)が1つ売れるごとに$2.5、「The International Compendium 2014」をレベルアップさせるのに必要なポイントの購入金額の25%が賞金に配分されます。

現在、賞金総額はついに約586万ドル(約5億9262万円, $1=101.30円)に到達しました。

Prize Money

ここ1~2日ほどで最高額の600万ドルに達するのは確実な状況です。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/