eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

DOTA2大会『ESL One Frankfurt 2014』の本戦出場8チームが決定

ESL One Frankfurt 2014

賞金総額19万ドル以上のDOTA2大会『ESL One Frankfurt 2014』の本戦出場8チームが決定しました。

ESL One Frankfurt 2014

  • 開催日: 2014年6月28日(土)~29日(日)
  • 会場: ドイツ・Commerzbank-Arena
  • 出場チーム数: 8(招待2チーム、予選通過 – ヨーロッパ×3、アジア×2、アメリカ×1)
  • 賞金総額: 19万ドル以上

Commerzbank-Arena

これまで『ESL One Frankfurt 2014』の予選が各エリアで開催され、先日アジア最終予選が実施となり、China ViCi Gaming が出場権を獲得しました。

本戦に出場する8チームは以下のとおりです。

本戦出場チーム

  • Sweden Alliance (招待)
  • Ukraine Natuce Vincere (招待)
  • Europe Team Dog (ヨーロッパ予選)
  • Europe Fnatic (ヨーロッパ予選)
  • Europe Mousesports )ヨーロッパ予選)
  • United States Evil Geniuses (アメリカ予選)
  • China Invictus Gaming (中国予選)
  • China ViCi Gaming (アジア予選)

ESL One Frankfurt 2014

大会賞金総額は19万ドル以上

『ESL One Frankfurt 2014』の基本賞金総額は15万ドル(約1526万円, $1=101.78円)ですが、下記のゲーム内アイテムが購入される毎に$2.5が賞金総額に配分される仕組みとなっています。そして、現在その額は「$196,135」(約1,996万円)となり400万円近くが増額されています。

DOTA2の公式世界大会『The International 4』の規模がすごすぎて感覚がマヒしていますが、19万ドルもかなりの高額賞金です。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/