eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

ASUSとIntelがDOTA2大会『ESL One Frankfurt 2014』のスポンサーに

ESL One Frankfurt 2014

ASUSとIntelがDOTA2大会『ESL One Frankfurt 2014』のスポンサーとなったことが発表されています。

IntelとASUSがDOTA2大会『ESL One Frankfurt 2014』のスポンサーに

IntelとASUSがスポンサーとなった事により、競技PCにはASUSの「Republic of Gamers」シリーズが採用されます。ドイツでは、大会で使用する競技PCと同モデルが、『ESL One Frankfurt 2014』のチケット付きで数量限定となります。

ASUS

Ulrich Schulze氏のコメント(ESL, Managing Director of Pro Gaming )
DOTA2初となるサッカースタジアムでの大会に、数千ものファン達がプレーヤー達のパフォーマンスを見るためにやってきます。ASUSとIntelがイベントのスポンサーとなる事で、世界最高のDOTA2プレーヤーたちはベストなPCでプレーすることが可能となります。

ESL One Frankfurt 2014

『ESL One Frankfurt 2014』は、2014年6月28日(土)~29日(日)にドイツのサッカースタジアムCommerzbank-Arenaにて開催される賞金総額19万ドル以上のDOTA2大会です。

  • 開催日: 2014年6月28日(土)~29日(日)
  • 会場: ドイツ・Commerzbank-Arena
  • 出場チーム数: 8(招待2チーム、予選通過 – ヨーロッパ×3、アジア×2、アメリカ×1)
  • 賞金総額: 19万ドル以上

基本賞金総額は15万ドルですが、DOTA2 Storeにて「Compendium」と呼ばれるトーナメントの観戦権などを含むゲーム内アイテムが$9.99で販売されており、この売り上げのうち$2.5が大会の賞金総額に追加される仕組みとなっており、現在は賞金が19万ドルを超えています。

本戦に出場する8チームは以下のとおりです。

本戦出場チーム

  • Sweden Alliance (招待)
  • Ukraine Natuce Vincere (招待)
  • Europe Mousesports (ヨーロッパ予選)
  • Europe Fnatic (ヨーロッパ予選)
  • Europe Cloud 9 (ヨーロッパ予選)
  • United States Evil Geniuses (アメリカ予選)
  • China Invictus Gaming (中国予選)
  • China ViCi Gaming (アジア予選)

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
Comments (0)
  1. Avatar KOBAYASHI says:

    Team DogとMousesportsは中身一緒ですね
    その代わりにCloud9が入ってないです

  2. Avatar Yossy says:

    ありがとうございます。
    チーム情報修正しました!