eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

格闘ゲームの世界大会『Capcom Cup』の賞金総額が5万ドルと発表、公式アパレルの売上により賞金が増額

Capcom Cup

格闘ゲームの世界大会『Capcom Cup』の賞金総額が5万ドルになることが発表されました。

Official CPT Merchandise from Teespring Now On Sale!

『Capcom Cup』は、現在開催されている『Capcom Pro Tour』のポイントランキング上位16選手および指定の予選を通過した選手の参加によって2014年12月に実施される「Ultra Street Fighter IV」の世界大会です。

賞金総額は50,000ドルで上位3選手に下記の通り配分されます。

Capcom Cup 賞金 – $50,000 (約519万円, $1=103.87円)

  • 1位: $30,000 – 約311万円
  • 2位: $15,000 – 約155万円
  • 3位: $5,000 – 約51万円

Capcom は Teespring と協力し、大会公式のTシャツ、パーカー、などのアパレルグッズを販売。

Capcom Cup

上記のリンク先で販売されているアイテムの売上金は、『Capcom Cup』の賞金総額をアップさせるために使用されるとのこと。どのような配分になるかは今回の発表では明らかにされていませんでした。

このような仕組みは『DOTA2』の世界大会『The International』で導入されたことをきっかけに広まりを見せています。

今年の7月に開催された『The International 4』では、基本賞金総額160万ドルが1,092万ドル(約11億円)まで増額され大きな注目を集めました。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/