eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

3人称視点MOBA『SMITE』の世界大会『SMITE World Championship』の賞金総額がゲーム内アイテム売上の配分により100万ドルを突破

SMITE World Championship

HI-REZ STUDIOS, INCが展開する3人称視点のMOBA『SMITE』の世界大会『SMITE World Championship』の賞金総額が100万ドルを突破しています。

SMITE World Championship

『SMITE』は2014年3月にローンチした、3人称視点という特徴を持つMOBAジャンルの基本無料ゲームです。

このゲームの世界大会『SMITE World Championship』が基本賞金総額60万ドルで2015年1月に開催予定です。

今大会は、特定のゲーム内アイテムを購入することによって売上の一部が賞金に配分される他、条件を満たすことで様々な追加報酬を得られる仕組みが採用されています。

そして、下記のとおり賞金が増額され100万ドルを突破しました。

SMITE World Championship

大会の予選はアメリカ、ヨーロッパ、南米、中国で開催され、各予選エリアの上位2チームが2015年1月9日~11日にアメリカの「Cobb Energy Performing Arts Centre」で開催される『SMITE World Championship』に出場することが出来ます。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/