eスポーツの世界大会『World e-Sports Championship Games 2014』が開催延期を発表

World e-Sports Championship Games

世界大会『World e-Sports Championship Games 2014』が開催延期を発表しました。

『World e-Sports Championship Games 2014』が開催延期に

韓国の「Aegis Gaming Networks Inc」と中国の「Global Mobile Game Confederation」によって2014年6月にローンチされたeスポーツの世界大会『World e-Sports Championship Games 2014』の開催延期が発表されました。

同大会は、2000年にスタートし2013年をもって開催が終了となった『World Cyber Games』でCOOを務めていたBory Jun氏らが主催する大会で、下記タイトルを採用し、グランドファイナルを中国で開催予定でしたが、公式サイトにて開催中止となることがあきらかにされました。

オフィシャルゲーム

  • Hearthstone: Heroes of Warcraft (RTS)
  • StarcraftII: Heart of the Swarm (Digital CCG)
  • DOTA2 (Action RTS)
  • ULTRA STEREET FIGHTER IV (Fighting)

モバイルオフィシャルゲーム

  • Crisis Action (FPS)
  • Dance Everyday (Dance & Rhythm)

World e-Sports Championship Games 2014

スポンサーとスケジュールの問題により2014~2015年のWECG Grand Finalを開催出来ない事をお詫びいたします。
すべてのWECGトーナメントプロセスは、追っての通知まで延期となります。
大変申し訳ございません。
近い将来にみなさまにお会い出来ることを願っています。

from http://www.wecg.com/

日本でも大会の予選が実施され、出場選手が決定していましたが上記の通り出場は白紙となります。

情報元