eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

ゲームコントローラーメーカー「Scuf Gaming」がeスポーツ大会『ESL』のスポンサーとなり2015年にコンソール大会を開催

Scuf Gaming

ゲームコントローラーメーカーの「Scuf Gaming」がeスポーツ大会『Electronic Sports League』のスポンサーとなり2015年にコンソール大会を開催していくことが明らかにされました。

Electronic Sports League×Scuf Gaming

『Scuf Gaming』はPlaystation4やXbox One等のコンソールゲーム機向けのカスタムゲーミングコントローラーを開発するメーカーで、コンソールゲームタイトルで活躍する多くのプロゲームチームをスポンサードしています。

Scuf Gaming

その『Scuf Gaming』が『Electronic Sports League』のスポンサーとなり、アメリカやヨーロッパを対象に「Call of Duty: Advanced Warfare」「FIFA15」「Halo: The Master Chief Collection」の大会を定期的に開催していくことになります。

大会ページ

賞金

  • €7,000 – Go4 Call Of Duty: Advanced Warfare Europe
  • $7,000 – Go4 Call Of Duty: Advanced Warfare North America
  • €11,250 – Go4 FIFA 15 Europe
  • €2,000 – Halo: The Master Chief Collection Major League Europe

コンソールタイトルでのリーグや大会はアメリカの『Major League Gaming』が最大手ですが、この分野に『ESL』も参入していくことになります。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!