eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

Dota 2公式世界大会『The International 2015』の賞金総額が3日で500万ドル(約6億円)を突破、昨年より倍早いペース

The International Compendium 2015

Dota2公式世界大会『The International 2015』の賞金総額が500万ドル(約6億円, $1 = 120.11円)を突破しています。

The International 2015

『The International 2015』は今年で5回目となるValve主催のDota 2公式世界大会です。

基本賞金総額は160万ドルで、デジタル観戦チケット等を含むゲーム内アイテム「The International Compendium 2015」が購入されるごとに、売上の25%が大会の賞金総額に上乗せされる仕組みとなっています。

賞金総額が3日で500万ドル突破

2014年は500万ドルを突破するのに6日間かかりましたが、今年はなんと半分の3日間での達成となりました。

Dota 2 Prize Pool Tracker」というサイトでは、日々の増額を昨年と照らし合わせながら参照することが出来るようになっています。

賞金

アイテム購入の売上配分が目標額を達成する度に、購入者全員に報酬が配布される「Stretch Goal Rewards」は1,500万ドル分まで用意されていますが、この勢いのまま達成となるでしょうか(昨年は最終的に1093万0698ドルまで増額)。

情報元

この記事を書いた人
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
SNSでフォローする
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!