eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『LJL 2016』入れ替え戦の代表チーム決定戦『LJL 2016 Challenger Series』が2~3月に開催

LJL 2016 Challenger Series

『LJL 2016』夏大会の出場権をかけた入れ替え戦「サバイバルマッチ」の代表チームを決定する『LJL 2016 Challenger Series』が2016年2~3月に開催されます。

LJL 2016 Challenger Series

『LJL 2016 Challenger Series』は、Riot Games公式プロリーグとして2016年5月より実施が予定されている『League of Legends Japan League 2016 Summer Split』の出場権をかけて行なわれる「サバイバルマッチ」の代表チームを決定する大会です。

「サバイバルマッチ」は、本日より開幕となった「Spring Split」の下位2チームと、「Challenger Series」の上位2チームの出場で行なわれ、勝利チームが「Summer Split」への出場権を手にすることが出来ます。

LJL 2016 Challenger Series

募集期間

参戦可能チーム数

  • 最大6チーム
  • 応募が6チームを超えた場合、予選を実施し上位6チームが「Challenger Series」への出場資格を得る

試合開催日

  • 予選:参加チーム確定後設定
  • 本戦:2月18日(木)より3月17日(木)まで毎週木曜日実施

試合方式

  • 総当たり方式
  • 各試合BO1
  • 全試合オンライン
  • 1日2試合
  • NAサーバー/最新パッチ

サバイバルマッチ

  • 『Challenger Series』本戦上位2チームは『LJL2016 Spring Split』下位2チームと入れ替え戦を実施

参加資格

  • 「Summer Split」出場時にチームを法人化出来ること
  • LJL公式ルールに準じる

これまでは、「チャレンジャートーナメント」として実施されてきましたが、今回からは選抜6チームの総当たり戦で行なわれる事になります。

これについて、合同会社ライアットゲームズでディレクターを務める齋藤亮介氏は、「世界で戦うためにはレベルの底上げを行なわなくてはならない」としており、総当たり方式で試合機会を増やし、より実力が証明されたチームが『LJL』への出場権を得ることになります。

『LJL』参加条件「チームの法人化」が「Challenger Series」出場の厳しい壁か

一点厳しい条件となるのが、参加権を獲得した場合にチームを法人化しなければならないという点になるでしょう。

世界大会につながる公式プロリーグとはいえ、この条件を満たして「Challenger Series」に出場することが出来るチームはなかなかないのではないでしょうか。

ちなみに、LJLの公式ルールブックには、「2. チーム・選手への支払い; 報酬」という項目が設けられており、出場権を獲得したチームには「チーム参稼報酬」が支払われることが明記されています。チームはこの報酬からスターターであるプレーヤーに対して、最低のプレーヤー報酬を分配する必要があるとの記載もあります。

このようなサポート体制も用意されていますが、やはり前述の通り「チームの法人化」は大きな壁となりそうです。

関連

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!