eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

CS:GO国別対抗世界大会『World Championships 2016』が賞金総額$150,000で開催、アジア予選も実施

World Championships 2016

Counter-Strike: Global Offensiveの最強国を決定する国家対抗戦『World Championships 2016』が賞金総額$150,000で開催されます。

World Championships 2016

『World Championship』は、各国の選抜プレーヤーで構成されたナショナルチームが出場して行なわれるCS:GOの国別対抗戦です。

2015年よりスタートし、昨年は決勝戦でポーランドを下したフランスが世界一の座を獲得しました。

2016年大会の決勝大会は、賞金総額$150,000、10月12~16日にセルビアで開催され優勝チームは賞金$50,000と世界一の称号を手にすることが出来ます。

2016年4月より6エリアで予選スタート、アジア予選も実施

予選は下記6エリアで実施され、ヨーロッパから3チーム、これ以外のエリアから1チームが選出され、計8チームがセルビアで行なわれる本選に進出となります。

予選開催エリア

  • ヨーロッパ (3チーム)
  • 北アメリカ (1チーム)
  • 南アメリカ (1チーム)
  • アジア (1チーム)
  • オセアニア (1チーム)
  • アフリカ (1チーム)

チームキャプテンの登録がスタート

エリア予選に出場するには、各国のキャプテンが出場申請を行なう必要があります。
申請は、下記特設ページ内にある 「TEAM CAPTAIN REGISTRATION」の項目より行なうことが出来ます。

昨年大会には日本チームが出場していましたが、今年も出場となるでしょうか。
今年はどのようなナショナルチームが結成されることになるか非常に楽しみです。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!