eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

『国際eスポーツ連盟』(IeSF)と世界大会『World Cyber Arena』が提携、eスポーツのオリンピック実現を目指す

IeSF × WCA

中国にて2016年3月10日に『International e-Sports Federation』(IeSF、国際eスポーツ連盟)と世界大会『World Cyber Arena(WCA)』の戦略協力契約が締結されたことが発表されています。

IeSF × World Cyber Arena

両者は今回の提携により爆発的なeスポーツの発展に追いつかずに発生している「国際化の遅れ」「貧弱な組織と競技種類の多様性の欠如」「総合的なイベントの組織力不足」「レフェリーの能力差」「コメンタリー専門知識におけるむら」といった問題点を解決するために、協力してeスポーツ教育システムを構築する計画とのこと。

IeSFはeスポーツ・オリンピックの組織委員会として活動しており、上記のシステム構築を通じてeスポーツ環境をより良いものとし、「eスポーツ・オリンピック」の実現を目指す計画です。

「World Cyber Arena」は、eスポーツの国別対抗戦として長らく実施されてきた「World Cyber Games」に携わったスタッフが立ちあげた大会です。

「eスポーツのオリンピック」を開催するというのがどういった定義なのかは不明ですが、いまよりもより大きく、オリンピックのような規模・威厳をもった国家対抗戦を実現するということになるのでしょうか。

また、一方「eスポーツ」を「オリンピック」の競技として採用させたいという動きも数年前から登場していますが、いまのところ実現には至っていません。

今年再始動となった 「一般社団法人 日本eスポーツ協会(JeSPA)」は日本オリンピック協会へと加盟し、2017年に開催される「アジア室内競技大会」のeスポーツ競技への日本代表派遣をすることを目指しています。こちらが実現した後には「オリンピック」のeスポーツ競技に日本選手を派遣する事を目指していくことになると思われます。

negitaku fan さん情報提供ありがとうございました。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/