eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

東京入国管理局がDetonationN Gaming所属の韓国人プロゲーマーにスポーツ選手にも適用される興行ビザを発行

DetonatioN Gaming (DNG)

プロゲーミングチーム Japan DetonationN Gamingが同チームに所属する韓国人選手に対し、東京入国管理局より興行ビザが発行されたことを発表しました。

DetonationN Gaming所属の韓国人プロゲーマーがアスリートビザを取得

今回アスリートビザの発行を受けたのは、チームのLeague of Legends 部門に所属する Korea Eternal選手とKorea Catch選手。

両選手は日本に滞在して『League of Legends』の国内プロリーグ『League of Legends Japan League』に出場しており、チームはオンライン議員連盟、日本オンラインゲーム協会による協力の元、興行ビザ基準3号の取得を申請。

こちらは、外国人のスポーツ選手等が国内で試合等を行なう場合に滞在する際に発行されるもので、今回プロゲーマーである両選手にスポーツ選手と同じこのビザが発行されました。両選手はこのビザにより6ヶ月間の日本滞在が可能になったとのこと。

アメリカでは2013年頃に同様の事例が認められていましたが、日本でもプロゲーマーがスポーツ選手と同等にみなされることになりました。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/