eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

中国アリババグループが賞金総額550万ドルの『World Electronic Sports Games』を開催、CS:GOとDota 2は各賞金150万ドル

World Electronic Sports Games (WESG)

中国のeコマース大手アリババグループの「Alisports」が、賞金総額550万ドルのeスポーツ大会『World Electronic Sports Games』を開催すると発表しました

World Electronic Sports Games (WESG)

『World Electronic Sports Games』は世界各国で2016年4月より開催され、グランドファイナルを中国で12月に開催。
今の所に明らかになっているのは4タイトルで、その賞金総額は550万ドルとなります。

開催情報

  • 開催日: 予選2016年4月~、本戦 2016年12月
  • 開催地: 中国
  • 賞金総額: $5,500,000 (約6億1710万円, $1=112.20円)

採用タイトル

  • Counter-Strike: Global Offensive – $1,500,000(約1億6830万円)
  • Dota 2 – $1,500,000(約1億6830万円)
  • Starcraft 2 – $400,000(約4488万円)
  • Hearthstone – $300,000(約2366円)

大会は選手登録、スケジュール管理、試合データ、オンラインショッピング(おそらくチケット等)などの機能を備えた「Alisports」が展開するeスポーツ向けのプラットフォーム「Alisports Gaming Platform」を通じて実施される予定です。

2017年以降の大会では、ホストシティを中国以外として実施する計画とのことでした。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/