『ESL』が24時間常時放送のeスポーツTVチャンネル「esportsTV」を2016年5月に開設

ESL

世界最大級のeスポーツリーグを『ESL』が24時間常時放送のeスポーツTVチャンネル『esportsTV』を2016年5月に開設することを発表しました。

esportsTV

「esportsTV」は、『ESL』の親会社となるメディアカンパニー「MTG」が展開するTV、PC、スマートデバイスで視聴可能な「Viasat」プラットフォーム上にて2016年5月に開設となる予定です。

『ESL』は、既存パートナーや「Twitch」「Azubu」「Hitbox」「Yahoo」と連携して「esportsTV」を展開していくそうで、現在様々なテレビプラットフォームでの放送についても交渉を進めているそう。

現在『ESL』が実施しているデジタル放送は、毎年2,000時間を超えるeスポーツコンテンツを配信しており、視聴数は1億に到達する規模とのことでした。

また、「MTG」は「esportsTV」のコンテンツを北欧やバルト海エリアでもサテライト放送する計画で、「ESL One」「Intel Extreme Masters」 「ESL Pro League」といった主要大会をローカル毎のキャスターが放送する形態なども予定されているそうです。

Ralf Reichert 氏のコメント(ESL, Managing Director / CEO)

私たちはeスポーツを世界で最も人気のスポーツにすることを常に夢見ています。今回のesportsTVは、その夢の実現に近づく一歩となります。世界中のより多くのスクリーンに新規・既存のeスポーツコンテンツをもたらすことは、eスポーツの成長と人気をさらに加速させるカギとなります。私たちは、世界中のゲーマーにesportsコンテンツをお届けするという使命に取り組んでいます。

Arnd Benninghoff氏のコメント(MGT, CEO)

esportsTVはグローバルな観衆達にeスポーツをもたらす素晴らしいものです。eスポーツは一年中行なわれる世界的なスポーツで、共有するためのコンテンツが多数存在します。チャンネルは、認知度、ゲーミングコミュニティ、ファンベースを成長させるための全てです。私たちはeスポーツへの興味に対する爆発を目にしてきており、その多数のコンテンツを可能な限り多くのスクリーンで見ることができるようにしたいと思っています。

情報元