eスポーツ、FPS、MOBA、ゲーミングデバイスの最新情報を紹介する個人ニュースサイト

「eスポーツ」を正式なスポーツと認め国際プロ選手のビザ取得を促進する米政府への嘆願活動がノルマの10万票をクリア

e-sports

アメリカ「ホワイトハウス」公式サイト上の「We the People」ページにて、「eスポーツ」を正式なスポーツと認め、アメリカ大会に出場する国際プロ選手がスポーツ選手に適用されるP1ビザの取得を可能とすることを嘆願する投票活動がノルマの10万投票を達成しています。

eスポーツ国際選手のアメリカ入国を促進するための投票活動

こちらは、先月末に紹介した活動で、公式サイト上に投稿された各要望に対して30日以内に「10万」の賛同署名が集まった場合、ホワイトハウスが60日以内に公式見解を明らかにするというレギュレーションで運用されています。

5月末の締め切りを前に、現時点で11万を超える投票が集まりゴールを達成しています。

10万票達成

アメリカ政府がどのような反応を示すかは、また後日紹介出来ればと思います。

※追記

ビザの取得条件について下記の情報をいただきましたので追記させていただきます。
情報ありがとうございました。

情報元

Yossy
Writer
Negitaku.org 運営者(2002年より)。CS:GO、Dota 2が大好きです。 ラーメン、ランニング(60km完走)、カメラが趣味です。 じゃがいも、誤字脱字を見つけるのが苦手です。

https://twitter.com/YossyFPS/
YouTube

取材動画、ポッドキャスト等配信中。チャンネル登録をお願いします!